最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

楽天の参入をどう思う? iPhone X減産の影響は? OPPOの取り扱いは? - ドコモ決算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●決算会見の質疑応答をチェック
ドコモは30日、2017年度 第3四半期決算を発表しました。これによれば、営業利益は8,353億円で「年間業績予想に対して順調な進捗」とのこと。質疑応答では、日本市場に初参入するOPPOや、MNO事業への参入を発表した楽天モバイルの影響、iPhone Xの減産についてなどの質問が寄せられました。以下、回答はNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏によるものです。

○OPPO参入、ドコモはどう出る?

グローバルでスマートフォンのシェアを伸ばしている中国メーカー、OPPOが1月22日に日本向け製品を発表。日本の携帯電話市場への参入を発表しました。これについてドコモでも接触しているのか、という質問に吉澤社長は「弊社に直接のアクセスがあったかというと、まだないと思う」と回答するにとどまりました。

ドコモの完全子会社だった「らでぃっしゅぼーや」の全株式をオイシックスドット大地に譲渡することについて、オイシックスに手放すということか、と問われると「まだまだ伸びる市場で、それをオイシックスと一緒にやっていくということ。株式を売却したので子会社ではなくなるが、実際にはオイシックスに出資をする。市場の拡大、さらなるサービスの拡大をはかり、食事情を楽しくさせることに貢献したい」と吉澤社長。これは有機野菜を取り扱う市場の伸びが、当初の予想より下回っていることが要因とのこと。「まだ伸びしろがある」として、今後とも(何らかの形で)市場の拡大に寄与していきたいと話していました。

携帯電話契約の純増数が伸びておらず、このままでは年間計画に到達できないのでは、との見方には「要因はモジュールとMVNOにある。モジュールについては、2016年度はスマートメーター(電力消費量が確認できる電力メーター)において法人の契約が進み、出荷台数が伸びた。それが一巡して落ち着いた。またMVNOが少し弱含みだった。2016年度に比べると落ち着いている。これはセカンドブランドの影響もあるのかも知れない」と回答しています。

○楽天について質問が集中

現在、MVNO事業を展開している楽天モバイルが新たにMNOとして事業に参入する動きを見せている件について率直な感想を聞かれると「まだ詳細が分からないのでコメントしづらい。新規参入があっても、ドコモとしてはお客さま視点で料金、エリア、サービスをより便利なものにしていくだけ。新たなサービスで付加価値を上げていく方針は、これまでと変わらない」と回答しました。

スマートライフ領域では、楽天の提供するサービスと競合する部分もあるのでは、との見方には「サービス面での重複もあるとは思う。ただこれまでも、いくつかのサービスで競合してきた。参入に関わらず、そういう部分はある」と答えています。

iPhone X減産は影響する?
いま楽天モバイルでは、MVNO(Mobile Virtual Network Operator。通信回線を持っている事業者から帯域を借りて通信サービスを提供する)事業者としてドコモの回線を利用しています。もしMNO(Mobile Network Operator。通信回線を持っている事業者)事業者に新規参入したら、この関係に変化が起こるのでしょうか。

これに対して、吉澤社長は「どういった形で参入するか、まだ確定したわけではないので、いまはMVNO事業者さんとしてお付き合いしている。決まってからでないとコメントしにくい」と答えるにとどまりました。

ちなみに過去にも、設備の整わない初期の頃だけドコモの回線にローミングしてサービスを展開しながら、第4の携帯電話事業者を目指したMNOがありました。こうした前例をふまえて、(楽天がMNO事業に参入した上で)ドコモにローミングを要請したらどうするか聞かれると「ドコモではこれまでも、他社と交渉してきた経験がある。真摯に交渉に応じていく」と回答しました。

楽天では最大で6,000億円を借り入れて、設備投資に充てる方針を明かしています。これについてコメントを求められると「ドコモでは年間の設備投資が6,000億円。ネットワークに4,000億円を、情報システムの開発に2,000億円を費やしている」と回答。設備投資のピークをすでに超えているドコモが、現在もこれだけ投資を行っているとすれば、これから新規に基地局を設置してエリアを拡大しつつ、回線の品質も向上させ、また研究開発も行っていく必要がある楽天が、6,000億円でどこまで事業を拡大していけるのか注目が集まります。
○iPhone X減産の影響は?

このほか、総務省では大手キャリアのサブブランドを規制する動きを見せています。これについて聞かれると「規制を強くすることが、必ずしも良いことでもないと思っている」と回答しました。

また、米Appleが、iPhone Xの1月~3月期の生産量を(当初の予定より)半減するとの噂もあります。これに関連して、ドコモでの現在の売れ行きを聞かれると「ドコモとしては2017年11月に販売を開始した。はじめは在庫が足りなかった。いまは、お客様の必要なときにお渡しできる状態。2月、3月は商戦期であり、iPhone Xも一定量か相応のものが出荷される見込み。いま急激に売り上げが落ちているということではない」と説明しました。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス