真木よう子が事務所独立、金銭トラブル報道に困惑

女優の真木よう子(35歳)が、所属事務所から独立したと一部メディアが伝えたことを受け、芸能事務所のフライングボックスが1月30日、公式サイトで契約満了を報告した。

30日付けで掲載された「関係各位」では、まず、「この度、弊社は真木よう子と2018年1月中旬をもってマネージメント契約を満了したことをご報告申し上げます」と、真木の退所を報告。

その上で、「本件においては、一部報道にて『待遇面・金銭トラブル』などが記載されておりましたが、事実に反する部分が多く大変困惑しております。弊社としては、今日まで誠心誠意マネージメント業務を行ってきたと考えております」と報道を否定すると共に、「契約更新にあたり、今後の活動について、真木よう子本人との考え、方向性の相違から協議の末、契約満了という結論に至りました」と経緯を説明している。

また、「現在契約中の広告および出演予定の映画の仕事については、引き続き弊社が責任を持ってマネージメントを担当させていただきます。期間満了以降の活動につきましては、本人より未定との報告を受けておりますので、改めてご報告させていただく事になるかと存じます」と、今後の活動についても言及した。

報告の最後は「関係者及び応援してくださっている皆様には多大なご心配をおかけし、また、ご報告が遅くなってしまったことを心よりお詫び申し上げます。今後も真木よう子へのご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます」と結んでいる。

あなたにおすすめ