【1/31は愛妻の日♡】いつまでも「長続きする夫婦」の特徴4つ

It Mama

2018/1/30 22:00

378116689
source:http://www.shutterstock.com/

結婚生活が長くなっても、いつまでも仲の良い夫婦でいるのは理想や憧れの姿でもありますよね。

拙著『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』の中でも、自分のことを理解してくれている“理想のパートナー”と思えるような女性とは、男性はいつまでもずっと一緒にいたいと感じるものだと述べています。

そこで今回は、1月31日(あいさい)=愛妻の日にちなんで、いつまでも“長続きする夫婦”の特徴を紹介します。


▼結婚生活を楽しむには「工夫」も必要


結婚生活は、毎日をずっと一緒に過ごしていくものです。

なので、お互いに思いやりを持っていたり、気持ちをわかり合えたりしていないと、なかなか長続きさせるのは難しい面もあるかもしれません。

ずっと一緒にいれば、飽きやマンネリが訪れたり、腹が立って嫌になってしまうことだってありますよね。

そういったことを乗り越えていくには、2人でちゃんと話し合ったり、結婚生活を楽しむ工夫なども必要になるでしょう。

関連記事: 【愛され妻シリーズ #04】ココが大きなポイント!夫に「浮気されにくい妻」の特徴4つ

▼いつまでも「長続きする夫婦」の特徴4つ


では、どのような工夫をすると、“長続きする夫婦”になれるのでしょうか? その特徴を以下にまとめてみました。

(1)2人で「計画」を立てる

「夫婦で一緒に計画を立てる」という行動は、一緒に話し合ったり悩み合ったり必然的にコミュニケーションが増えるものです。

旅行やスポーツ、デートなどの計画を定期的に2人で立てるようにすると、いつまでもワイワイ楽しく過ごせるようになりますよ。

(2)「1人の時間」も持つようにする

夫婦だからといって常にずっと一緒にいると、さすがに飽きたり鬱陶しく感じてしまうこともあるものです。

お互いに自分1人の時間も持つようにすると、ストレスも溜まりにくいですし、2人の時間もより大切にするようになるでしょう。

関連記事: 【愛され妻シリーズ #09】出世も間違いナシ!? 夫を成功に導く「あげまん妻」の特徴4つ

(3)「共通の友人」を作る
source:http://www.shutterstock.com/

夫婦の共通の友人がいると、その友人たちも交えて一緒に遊びに行ったりする機会も増えます。

また、2人のことを知っている友人を持っていると、もしも大ゲンカをしてしまったときなどに、支えになってくれたり仲裁に入ってくれたりもしてくれるので、とても大事な存在とも言えるでしょう。

(4)「男と女」の部分を捨てない

毎日一緒にいると、だんだんと慣れも生じてきて、だらしない面も見せるようになってしまうでしょう。

でも、男と女の部分もお互いに多少は持っていないと、うんざりしてしまうだけです。

夫婦といえど、女性らしさや恥じらいは、持っておくのも大切ですね。

▼「コミュニケーション」を増やすことが大事


お互いをちゃんと尊重しつつも、2人で一緒に楽しむことも忘れない。いつまでも仲が良くて“長続きする夫婦”は、そういったことが自然にできている2人なのかもしれません。

やっぱり2人で夢中になって楽しめるような共通の趣味などを持つことは、とても重要なポイントであるのでしょう。

コミュニケーションが増えることは、お互いを理解し合う上でも大事なことなので、すごくいい方法であると言えるでしょうね。

「長続きする夫婦」になるためにも、結婚生活は積極的に楽しもうとするべきでしょう。

まずは、そういう考えを持つようになることだけでも、状況は大きく変わってくるはずですよ。

関連記事: 【愛され妻シリーズ #08】すぐ仲直りできる秘訣!夫婦ゲンカを「長引かせないコツ」4つ

【画像】
※ Roman Samborskyi、Photographee.eu / Shutterstock

(2017年5月25日の記事を再掲載しています。)

あなたにおすすめ