福山雅治、本格アクションに自信「めちゃくちゃハードです!」ジョン・ウーも太鼓判

クランクイン!

2018/1/30 20:54

 福山雅治、ジョン・ウー監督、國村隼、倉田保昭、斎藤工、桜庭ななみ、池内博之、TAOが、30日に都内で実施された映画『マンハント』のジャパンプレミアに出席。福山は劇中のアクションシーンについて「めちゃくちゃハードです!」と語った。

【写真】映画『マンハント』ジャパンプレミアの様子

高倉健さん主演で映画化された原作『君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ』の再映画化となる本作は、無実の罪を着せられて逃亡する弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と、真実こそが正義と信じる刑事・矢村聡(福山)らが繰り広げるアクション活劇を描く。

福山は本格アクションが初挑戦ということもあり、不安だったというが、「(ハードルを)上げてもいいくらいの…ですよね。自分で上げたなと今皆さん思ったかもしれませんけれども(笑)、逃げも隠れもできませんし、はっきり言うしかないんですけども、めちゃくちゃハードです!」とコメント。また「池内さんとも工さんとも戦うんですけど、けっこうハードなんですよね(笑)」と満足気な様子。

ウー監督は、福山について「以前から注目していたアーティストです。芸術活動を通じて、世界に向けて愛や平和などポジティブなメッセージを常に込めて発信しています」と話し、「とても人情があって正義感に満ちている、まさしく私が考えていた矢村のイメージにぴったりだと思いました」とキャスティング理由を明かした。加えて、「次回、また日本で映画を撮ることが夢ですし、その際は、皆さんとのコミュニケーションは、通訳なしで直接したいです」と笑みを見せた。

一方、劇中で矢村の相棒・百田里香に扮した桜庭は「(シーンで)何度も失敗しちゃって、でも福山さんがすごくカバーしてくださって…」と福山に感謝。これを受けた福山は「だってね、ななみちゃんが失敗してくれればね、俺も失敗しやすくなる(笑)」とニッコリ。ウー監督作品でおなじみの白い鳩との共演に話が及ぶと、「テイクをチェックしたりするんですけど、チェックしてる画面を写メしましたもん!あれは嬉しかったですねえ」と話していた。

映画『マンハント』は2月9日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ