最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

狙うは世界進出!?三池崇史監督が手掛ける特撮ヒロイン「マジマジョピュアーズ!」始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在テレビ東京系で絶賛放送中の特撮テレビシリーズ「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」に続く「ガールズ×ヒロイン!」シリーズ第2弾「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」の制作発表記者会見が30日に行われ、オーディションで選ばれたマジマジョピュアーズ!の3名と、三池崇史監督、栗原類と南明奈が登壇した。

本作は、魔法とダンスの力で悪を倒し、夢と平和を守るヒロインたちの活躍を描いた“ライブ型NEW特撮ヒロインストーリー”。中学の入学式の日に、不思議な力に導かれてマジマジョピュアーズ!の一員になったモモカ。「きらめく魔法でピュアライズ!」を合言葉に、仲間たちと魔法を使って“邪魔界”に立ち向かっていく。

オーディションを勝ち抜いたマジマジョピュアーズ!の3人は、それぞれが変身ダンスを披露しながら登場。愛乃モモカを演じる三好佑季は「モモカの元気なパワーが伝わるように演じていきたい」と、白雪リンを演じる隅谷百花は「しっかり者のリンに少しでも近づけるようになりたい」と、そして花守ミツキを演じる鶴屋美咲は「観ている人にハッピーな気持ちが届くように頑張ります」と、それぞれが本作への抱負を述べた。

3人の撮影現場での様子について、これまで数多くの作品を手がけてきた三池は「汚れた心が浄化されます」と笑いを取り「オーディションで選ばれて、厳しいレッスンにも耐えていてすごい。彼女たちは他の子たちとは違う、選ばれし子供たちです」と大絶賛。

一方、栗原が演じる“ムリ太郎”は、マジマジョピアーズ!の天敵・邪魔邪魔団のメンバーのひとり。第1話ではバレエの先生役としてゲスト出演する南を“アキラメスト”と呼ばれる敵に変えてしまうのだ。「重要な役どころでプレッシャーがあったけど、演者がやりやすい環境にしていただいて嬉しい限りです」と栗原はいつも通りの低めのテンションで三池へ感謝のコメント。

そんな栗原と演技で共演するのは初めてだと語る南は「ムリ太郎の役はテンション高めの掛け声が多いので、類くんにできるのかな?と思っていた」と明かすと、すかさず栗原は「できますよ。ちゃんとできます」と、変わらぬトーンで反論。「僕自身とは正反対のキャラクターですが、いい印象を与えられるように頑張ります」と意気込みを語った。

さらに劇中に登場するジュエルショップの店長・ジュエルを演じる篠田麻里子と、“邪魔邪魔団”のボス・邪魔男爵を演じる遠藤憲一からメッセージ映像が届けられると、三池は遠藤をキャスティングした理由について「Vシネマで一緒に汚れた世界を作りすぎたので、ピュアな世界に立ち戻ろうと思って選びました」と明かし、会場からは大爆笑が起こった。

最後に三池は「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」がイタリアでリメイクされることが決定していると発表。「日本発の独特な作品が世界中で評判を集めている。これからもいろんな国で頑張っていってくれるでしょう」と第2弾である本作の世界進出も視野に入れていることをにおわせた。それについて栗原も「改めてこのプロジェクトのスケールの大きさを実感しました。悪役としてこの作品を盛り上げていきたいと思っている」とポジティブに語った。「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」は春から放送開始。(Movie Walker・取材・文/久保田和馬)

https://news.walkerplus.com/article/135819/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス