最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フーン…バレているのに「浮気してない」と男が嘘をつき通す理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完全にバレているのに「浮気なんてしていない」と嘘をつく彼。追及しても「してない」の一点張り。態度がバレバレだったり、証拠を突き付けているのに嘘をつき通すのはなぜなのでしょうか。

今回は、その心理と理由について探ってみます。



■ 一番の理由はコレ!

・嘘をつき通せば女性は「そうなのかもしれない」と思うことを知っている

・実際、女性は心のどこかで「嘘だよと言ってほしい」と考えている

彼が完全にクロなら、認めさせて謝罪させたい気持ちがありますが、否定してほしいと思う部分もあります。

また、男性は男性で「否定するしかない」と思い込んでいるし、ひたすら否定することが礼儀だと思っています。

それはどこかで仕入れた情報かもしれないし、「しらばっくれろよ」という友達や先輩からの教えかもしれません。

人間は一回成功すると何度もその方法で乗り切ろうとします。いわゆる学習ですね。

彼は学習しピンチを乗り切って来たのでしょう。「そうだよ浮気したよ」と開き直られるより、まだましなのかもしれません。

■ 愛があるから嘘をつく

認めてしまえば、その瞬間に二人の仲が終わってしまいます。彼はそれが怖くて、別れにつながる言動はしたくないのかも。「愛があるなら浮気するなよ」と言いたくなりますが。

浮気を何度も繰り返していると、何とも思わなくなり善悪の判断が鈍ってきます。そして「これくらいいいだろう。愛は彼女にあるから」と思うようになります。

また「彼氏の言うことを信じろ」という意味のときもあります。

■ 認める男

「うん、浮気した。ごめん」と認める男性も中には存在します。しかし女心は「浮気したでしょ!」と、あんなに厳しく攻めたにもかかわらず、ものすごく傷つくのです。やはりどこかで否定してほしいのですね。

認める男は、彼女が「許してくれるはず」とタカをくくっている場合が。「こんなことで別れるわけがない」という自信ですね。

あまりないですが、たまに「別れたらあの女のところに行けばいい」と考えていることも。

どちらにせよ、自信があるということ。

■ キレる男

認めない男や謝る男より、愛はないと思います。まずキレたらその場で話は終わります。キレる人間とは話はできません。それが理由でしょう。

追及されることもくどくど話をされることも怒られることもありません。

その場から逃げたいだけでキレるのですから、幼稚でコミュニケーション能力が欠如しているのです。

女心は認められてしまうとショックを受けます。それを知ってか知らずか結局は、嘘をつき通すのは(男性の一方的な解釈で)礼儀と愛、いうことになります。

結局のところ、浮気の証拠をつかめばいいのですが、それで認めるとは限りません。シラを切る男は最後までシラを切るので、女が折れるしかないのです。

そこまで好きなら許すのもアリかもしれませんが、また繰り返すでしょう。

浮気をやめるときは殺されそうになったとか、浮気が元で相当のことがあったとき。それを肝に銘じなければいけません。

そんな決心をしなくても、浮気をしない男を探したほうが簡単かと思います。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス