最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ゲレンデマジックの見破り方 スキー場バイト経験者が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 29日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 (毎週月曜よる9時~)が放送され、どんな女性でもゲレンデでは美人に見える“ゲレンデマジック”の見破り方が、スキー場でのバイト経験者から明かされた。

 「ゲレンデで見たブス」をテーマに街頭インタビューを行ったところ、「遠くから見たら可愛くて、ナンパしたいなと思ったが、近付いたらブスだった」と不満をぶつける男性が登場。これに対し、“ブス枠”ゲストたちは怒りをあらわに。おぎやはぎの2人も「勝手に美人と思い込んでいるだけなのに」と、ブスに同情を寄せた。

 これを受け、「実家が新潟県で、スキー場のロッジで14歳からお手伝いをしていた」という“ブス枠”ゲストの主婦・ちひろさんが、ゲレンデマジックの見破り方を伝授。ちひろさんは「ブスはゴーグルをしていても、まゆげや鼻水が凍っている」と語り、「可愛い人はメイクをしているし、ゴーグルを取っても美人。ブスは(最初)化粧をしていても、溶けた雪で化粧がドロドロになり、すっぴんブスになっている」と力説した。

 元モーニング娘。・矢口真里は、美人とブスのメイクの違いについて、「美人はたぶん、(人前で)ゴーグルを取る前に鏡を見てメイクをチェックしている。髪型も、ゴーグルをおでこに上げた時にキレイに見えるようセットしている」「(メイクや髪型のチェックで)よく鏡を見ているイメージ」と分析。おぎやはぎの2人は「美人は見られることを常に意識しているんだな」「美人は偉い。努力している」と、美人の隠れた努力を称えていた。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス