新千歳空港から直行バス運行中! 札幌の人気温泉街・定山渓に行くならコレ

Walkerplus

2018/1/30 15:40

市街地から車で約45分という場所に位置することもあって、“札幌の奥座敷”と呼ばれ長く親しまれてきた定山渓温泉。新千歳空港から一気に向かうバスは2種類、運行しています。

■ (1)ツアーバス「リゾートライナー」

「リゾートライナー」は「定山渓・札幌国際・朝里川行き」で、1日1便運行(要予約・運行中~2018年3月18日)。新千歳空港を午前9:30に出発、目的地の定山渓温泉には11:00頃に到着します。所要時間は約1時間30分。料金は片道大人3500円、小人2500円です(乗車料金は予約時もしくは入金期日までに支払い)。

バスの乗り場は、新千歳空港「国内線ターミナル」の「リゾートライナー」乗場(集合は、到着口4と到着口5の間にある国内線ツアーデスク2番「北海道リゾートライナー」の看板が目印)。バス出発時刻の15分前には集合場所に来られるよう移動しましょう。

■ (2)直行バス「湯ったりライナー」

「湯ったりライナー」の注目は、乗車の際の予約が不要な点です。毎日1便運行(通年)。新千歳空港「国内線ターミナル21番のりば」を14:00に出発、目的地の定山渓温泉には15:40頃に到着します。所要時間は約1時間40分。料金は片道大人1650円、こども830円。乗車チケットは到着口2と到着口3の間にある「北都交通カウンター」で購入できます。

直行バスの乗り場は、新千歳空港「国内線ターミナル21番のりば」。乗車チケットを購入するカウンターの裏になります。バス出発時刻の10分前には乗り場に来られるよう移動しましょう。

【リゾートライナー予約センター】 ■電話:011・219・4411(9:00~18:00)※インターネット予約24時間受付 ■乗降車場所:「定山渓ビューホテル」→「定山渓グランドホテル瑞苑」→「定山渓温泉花もみじ」→「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」→「札幌国際スキー場」→「朝里クラッセホテル」

【北都交通バス事業部】 ■電話:011・375・6000 ■定山渓行き直行バス停留所:「国内線ターミナル21番のりば」→「国際線ターミナル66番のりば」→「南千歳」→「小金湯」→「白糸の滝」→「定山渓神社前」→「定山渓湯の町」→「第一ホテル前」→「定山渓大橋」→「定山渓温泉東2丁目」→「定山渓」→「定山渓車庫前」

■ 雪見風呂にイベント! 定山渓エリアの見どころスポット

温泉街の中でも、とりわけ1300平方メートルという広さを誇る大露天風呂で有名なのが「定山渓グランドホテル瑞苑」の“希みの湯”です。季節の息吹を体で感じながら入浴を楽しむことができます。もちろん、この季節の醍醐味は雪見風呂です。

定山渓グランドホテル瑞苑 ■住所:札幌市南区定山渓温泉東4-328 ■電話: 011・598・2211 ■時間:日帰り入浴15:00~20:40(受付終了20:00)、土・日・祝日12:00~20:40(受付終了20:00) ■料金:日帰り入浴大人1028 円、子供615円、小学生未満無料

冬の定山渓温泉を代表するイベントが「雪灯路(ゆきとうろ)」です。おびただしい数のスノーキャンドルの灯りによって作り出される幻想的な世界は、インスタ映えすること、間違いなし! 2018年は1月31日(水)から2月4日(日)までの期間、定山渓神社前の広場がスノーキャンドルで彩られます。

雪灯路2018 ■会場:定山渓神社(札幌市南区定山渓温泉東3) ■日時:2018年1月31日(水)~2月4日(日)18:00~21:00 ■電話:011・598・2012(定山渓観光協会) ■料金:入場無料(北海道ウォーカー)

https://news.walkerplus.com/article/135075/

あなたにおすすめ