ニモの世界を中華で表現!ホテルミラコスタのとっておきディナー

Walkerplus

2018/1/30 16:00

東京ディズニーシーでは、ディズニー/ピクサー映画の世界をテーマにしたスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」を3月19日(月)まで開催中。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタもこのイベントに連動し、レストランではこの時期だけの特別なメニューを楽しむことができる。

今回紹介するのは、中国料理レストラン シルクロードガーデンで提供中の「“ピクサー・プレイタイム”ディナーコース」(9260円)。「ファインディング・ニモ」の世界をもとにした、全6品から構成されるディナーコースだ。

一品目の「季節の前菜盛り合わせ」が登場した瞬間、一目で気づく人もいるかもしれない。そう、オレンジとホワイトのムースはニモのイメージだ!それだけでテンションが上がる、楽しさあふれる前菜に仕上がっている。

ムースの隣には、舞茸や色付けしたカブを添え、サンゴを表現。ブルーシロップを使った皿の装飾もあいまって、ニモが海の中で泳いでいる様子が目に浮かぶ。

さらに、魚のニモに配慮した心配りも!通常、前菜には魚を使用するのが一般的だが、皿に並ぶのは肉ばかり。牛頬、鴨、チャーシューと、ニモも安心のラインアップとなっている。

次に紹介するのは、メイン料理「オマール海老と牛ロースのソテー」。オマール海老や牛ロースはそのまま食べるだけでなく、ブロッコリーを使用した緑色のソースで味わうのも良し。その周りを固めるパリパリのカダイフは、クセになる食感だ。このほか、「大山鶏入りスチームライス 生姜風味」も提供される。

最後はお待ちかねのデザート!「マンゴープリンとジャスミン茶風味の焼き菓子」は、白黒のチョコレートをあしらったマンゴープリンがニモを彷彿とさせる、かわいらしい一皿だ。

マンゴープリンにばかり目が行きがちだが、焼き菓子にも注目を。上から見ると、クラッシュの甲羅を表していることがわかる。

こちらも前菜と同様に、ブルーシロップを用いて海を表現。共に添えられた柿、メロン、イチゴは、スイーツで甘くなった口をリセットさせてくれる。

なお、上記のメニューが味わえるのは2月14日(火)まで。2月15日(水)から3月19日(月)までの期間は、メニュー内容を変更して「“ピクサー・プレイタイム”ディナーコース」を提供する。

「ファインディング・ニモ」の世界を上質な中華料理で堪能する、至福のひと時をぜひ! (東京ウォーカー(全国版)・水梨かおる)

https://news.walkerplus.com/article/135505/

あなたにおすすめ