矢口真里「金持ちの男性は嫌い」 セレブ願望はあれど「イケメン好き」は変わらず

しらべぇ

2018/1/30 15:30


((C)AbemaTV

理想の恋人や、告白のシチュエーションの妄想をしたことがあるという人は多いだろう。中には「言ってみたいセリフ」を考えている人もいるはずだ。

29日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)でのタレント・矢口真里(35)の発言が話題を呼んでいる。

■「お金持ちが嫌い」


番組では「死ぬまでに言ってみたいセリフ」をテーマにトークを展開した。その中で、矢口は「本当にお金持ちの男性が嫌いなんですよ」と語る。どうやら、お金持ちの男性には、遊び人のイメージや「金さえあれば天下をとった」という態度が見えてしまい、それが嫌なのだという。

しかし一方で、セレブにも憧れている矢口は、死ぬまでに「お正月は、彼の専用ジェットでセブ島に行くんだ」と言ってみたいと明かした。

このセリフにMCのおぎやはぎも「言ってはみたいんだ?」「そんなやつばっかじゃんか、この世界にいるやつ」と爆笑するも、矢口は「言いたい言いたい!」と膝を叩いて大声でアピールした。さらに「けど(お金持ちの男性が)好きじゃないから、お付き合いはできない」と葛藤があるようだ。

■テクニック以上に顔重視


また、床上手なブスと反応がない美人ではどちらが好きかについて、一般男性たちにアンケートをとった際には、6割が美人に投票。スタジオにいる「ブス枠」の出演女性たちからブーイングが飛び交う場面に。

そこへおぎやはぎ・矢作兼(46)から矢口に「男の場合は、ブサイクな男性のほうがテクニックがある」との説明が。矢口は「努力するかしないかってことですね。なるほど」と受け入れながらも「いや~でもイケメンかな!」とキャラにブレずイケメン好きをアピールした。

■「貧乏なイケメン」は支持されず


しらべぇ編集部が全国20~40代の女性399名に「『貧乏なイケメン』と『お金持ちのブサイク』結婚するならどちらか」について調査したところ、「貧乏なイケメン」は少数派に。

(©ニュースサイトしらべぇ)

20代では3割が「貧乏なイケメン」を支持しているが、30代では2割、40代では2割を切る結果となった。結婚という条件もあるが、お金を持っていることは恋愛をするうえでかなり重要なようだ。

お金を持っていなくてもイケメンが良いという矢口。自身が稼いでいることもあって、顔だけを重視しているのかもしれない。

・合わせて読みたい→矢口真里、汚れキャラで勝負? 「胸がスゴく大きくなってきた」と悩み明かす

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~40代の女性399名

あなたにおすすめ