最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バハ1000を一人で制したクロカン・ガイ、BJ・バルドウィンに直撃インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県で行われたトーヨータイヤのクロスカントリー用タイヤ試乗会には、東京オートサロンへのゲスト出演を終えた、ラリーレイド&クロスカントリースペシャリストとして知られるBJ・バルドウィンさんが訪れていました。

BJ・バルドウィンさんは、通常2~3人のドライバーが交代しながらドライブし完走を目指すバハ1000というラリーレイドをドライバー交代なしのひとりでドライブ、2012年、2013年連続で優勝したタフガイです。

BJ・バルドウィンさんが試乗会場にいたのは、アメリカでの競技でドライブしているトヨタ・タンドラのデモンストレーションランを行うためでしたが、残念なことにタンドラに使えるC12と呼ばれる燃料が手配できず、走行は叶いませんでした。しかし、逆に時間ができたためにバルドウィンさんにインタビューをすることができました。

クリッカー(以下CL):バルドウィンさんが参戦している競技はどんな競技なのですか?

BJ・バルドウィン(以下BJ):バハ1000を頂点とするSCORE(スコア)と呼ばれるシリーズ戦に参加しているんだ。一番短いもので260マイル(約420km)、バハ1000は実際は1100マイル(約1800km)くらいあるんだよ。オフロードをたくさん走るタフな競技で、大ジャンプやガレ場走行などあらゆるセクションがあって、なかなかハードだぜ。

CL:もともと、クロスカントリーのドライバーだったのですか?

BJ:15歳でバイク、16歳でクルマの免許を取って、17歳からレースをはじめたんだ。ローカルのサーキットレースにも出たけど、やっぱりボクにはオフロードが合っているね。

CL:ご自宅のまわりもオフロードなのですか?

BJ:ボクの住んでいるところから15分も走ればさまざまなオフロードがあるよ。自宅から子供の学校までもオフロードだから、毎日オフロードを走っているってワケさ。

CL:トーヨータイヤの印象はどんなものですか?

BJ:タイヤの性能が高いのはもちろん。パンクもしないし、ハンドリングもクィック、全体としてのクオリティもすごく高いよ。1周4マイル(約6.4km)のループコースがあって、そこで以前に使っていたタイヤとトーヨータイヤをテストしたら、トーヨーのほうが1周で16秒も速かったんだ。もうこうなれば、トーヨーを履くのは当たり前だよね。それで、チームの体勢もすごくいい。サービス体勢がしっかりしていて、タイヤで悩むことはないから、走りに集中できるんだ。

試乗時間の合間に行ったちょっとバタバタしたインタビューでしたが、BJ・バルドウィンさんは気さくになんでも答えてくれた。次回はぜひ、彼のパワフルな走りを見てみたい……と素直に感じました。

(諸星陽一)

【関連記事】

トーヨータイヤの日本未発売タイヤ「オープンカントリーM/T」をフォード・F-150ラプターで先行試乗
https://clicccar.com/2018/01/29/554586/?post_date=20180128183556

M/Tの顔でありながらオンロードもいけるマルチユースタイヤ「オープンカントリーR/T」
https://clicccar.com/2018/01/29/554588/

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス