愛人4年の橋本マナミ「ようやく“お嫁さん”に」

愛人キャラで人気のタレント・橋本マナミ(33歳)が1月29日、建設業界求人サイト「俺の夢」イメージキャラクター就任イベントに出席。好きな男性のタイプや婚活などについて赤裸々に語った。

この日公開されたウェブ動画「俺の夢」シリーズ(https://www.youtube.com/channel/UCIqmIIAzEfo9frrlWy_tk_A)では、建設業界で働く男性の夢に嫁役として登場し、男性を翻弄する様子をセクシー&コミカルに演じている橋本。イベントでは「普段はなかなかつける機会はない」というエプロン姿で登場し、「今は『愛人にしたい女』というキャラでやらせていただいているんですけど、もともとは『嫁にしたいナンバー1』になりたくて……なのでちょっと道を間違っちゃったのかな。愛人になって4年、ようやくお嫁さんになれました」とユーモアたっぷりに挨拶した。

転職サイトのPRということで「転職をお考えになったことはありますか?」と質問を投げかけられると、「転職はないかもしれません」とことわりつつ、「設計士さんとかすごくカッコいいなと思います。仕事ができるカッコいい女性には憧れますね」と語り、建築士役で出演している現在放映中のドラマ「隣の家族は青く見える」(フジレテレビ系)をさりげなくアピールするとともに、「今はこういう不貞キャラで、真面目なほうに行きたいんですかね?」と本音をチラリ。

また、建設業界で働くマッチョな男性について意見を求められると、「今、私の家の隣で工事をしていまして、現場で働く男性を毎日見るんですけど、ガタイも良くてすごくキュンキュンします」とまんざらでもない様子を見せていたが、イベント後の囲み取材では「スーツ姿の男性が好き」「痩せて優しそうな男性も好き」「メガネの方も素敵だと思います」などと意見がコロコロと変わり、最終的には「だから誰でもいいんですよ。あんまり選ばないことにしたんです」と自身も苦笑い。

肝心の結婚については「(結婚したい気持ちは)やはりありますよね。もう33ですし。いつかなれたらいいなとは思っています」とし、最近は男性と食事に行ったりして婚活に勤しんでいることを明かした。

気になるお相手については「芸能の方はダメですね。一般の方のほうが好きです」と断言したが、どうやらまだ一人には絞り切れていないようで、「関西マナミ会」の読売テレビの森武史アナウンサー(57歳)について問われると「離婚してくださるなら……」とお茶を濁していた。

あなたにおすすめ