「異世界への入り口か?」 厳しい寒さが生んだ奇跡の現象に驚きの声

grape

2018/1/30 14:31

東京都心でも氷点下4度を観測するなど、最強寒波に襲われた2018年1月下旬の日本列島。

朝晩の厳しい冷え込みが、奇跡のように美しい光景を作り出してくれました。

まるで宝石のような輝き

tomo(@cot_not)さんがTwitterに投稿したのは、凍った池の写真。

寒さで池の水が凍ってしまうのは、よくあることです。しかし、投稿者さんが見かけた池には『異世界への入り口』のようなものが写っているのです。

それが、コチラです。

もっと近付いてみると…。

まるで宝石を埋め込んだかのような美しい輝きに、うっとりと見惚れてしまいますね!

しかし、あまりの美しさに合成を疑う声も。そうした声に対して、投稿者さんは「画像を加工する技術が皆無なので、合成ではない」ときっぱり。

この現象は、なぜ起こる?

それでは、なぜこのように氷の割れ目が虹色に見えるのでしょうか…投稿者さんは、「虹ができるのと同じ現象」だと考察しています。

虹は、空気中に浮かぶ無数の水滴に太陽の光が当たり、水滴の中で光が屈折・反射、分光されることによって見える現象です。

氷の割れ目から見える空気の粒は、水滴に比べると大きさも並び方もそろっていないため、色がバラバラなのではないかとのことです。

いくつもの偶然が重なり合って生まれた奇跡の現象に、写真を見た人からは驚きと感動の声が続出。

・小宇宙って感じで、美しい!

・異次元空間への入り口ですね。

・なんて神秘的なんだろう。

寒さが厳しくなると、どうしても家の中に引きこもりがち。しかし、寒いからこそ、こんな美しい光景に出会えたと考えれば、外出するのが楽しくなりそうですね!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス