最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

GLIM SPANKY、台湾で「愚か者たち」を披露&コラボ映像も公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GLIM SPANKYが1月20日に台湾・THE WALL公館で自身初の海外ワンマンライヴを行ない、「愚か者たち」を海外初披露した。GLIM SPANKYが登場すると、待ち望んだ400人近くのファンから温かい大歓声が沸き起こり、会場は異常なまでの熱狂的な空気に包まれた。

1曲目は「THE WALL」。GLIM SPANKYらしい重厚感のあるヘビーなロックサウンドの楽曲で幕開けとなり、熱気あふれるステージがこの日も炸裂。そして2016年公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌「怒りをくれよ」を披露すると、会場はこの日一番の盛り上がりを見せ、今曲の台湾での浸透度の高さを感じさせる。その後も、映画『不能犯』の主題歌である新曲「愚か者たち」等全21曲を披露すると、リズムに乗りながら思い思いにGLIM SPANKYの音楽を楽しんでいる様子だった。プライベートでも台湾に遊びに来きたことがある松尾は、台湾語でファンへ挨拶。「皆、大好きだよ!」という言葉にたくさんの歓声が上がり、また台湾でワンマンライヴを実施することを約束した。例え言語が分からなくても自分たちの“音楽”で聴く人の心を動かすGLIM SPANKYが、“日本語で世界に進出する”という大きな目標へと一歩近づく、そんライヴになった。

さらに、映画『不能犯』公開に先駆けて本編とコラボレーションした「愚か者たち」の映像を公開! ぜひ劇場で迫力のある映像と王道ロックのビートの響きを体感してほしい。

【セットリスト】
1.THE WALL
2.BIZARRE CARNIVAL
3.The Trip
4.ダミーロックとブルース
5.いざメキシコへ
6.怒りをくれよ
7.END ROLL
8.闇に目を凝らせば
9.Velvet Theater
10.お月様の歌
11.吹き抜く風のように
12.Freeder
13.美しい棘
14.白昼夢
15.Sonntag
16.ビートニクス
17.NEXT ONE
18.アイスタンドアローン
アンコール
19.愚か者たち
20.大人になったら
21.褒めろよ

シングル「愚か者たち」

2018年1月31日発売

\nTYCT-30072/¥1,300+税
<収録曲>
1.愚か者たち
2. In the air
3.カバー曲:I Feel The Earth Move(原曲:キャロル・キング)
4.怒りをくれよ(2017.6.4 日比谷野外大音楽堂 Live ver.)※配信限定トラック

■iTunes バンドルプレオーダーURL
http://po.st/it_glim_oroka
■レコチョク「愚か者たち」単曲URL
http://po.st/it_glim_oro

『GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館』

2018年5月12日(土) 東京・日本武道館
<チケット>
前売(全席指定)¥5,800(税込)
親子割チケット(全席指定)
※未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可。小学生以上チケット必要。
※価格詳細はGLIM SPANKY公式サイトをご参照ください。

\n

外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス