マツコ・デラックス、関ジャニ∞錦戸亮のキャリアを的確に予言?


1月28日に放送された「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に、関ジャニ∞錦戸亮がゲストとして出演し、マツコ・デラックスから受けた叱咤激励がその後の錦戸のキャリアを的確に予言していたことを明かす場面が見られた。

マツコ、錦戸に「あんたが頑張んないと関ジャニ∞どうすんのよ!」


MCのフットボールアワー後藤輝基から錦戸が紹介されると、話題は錦戸の正月休みの過ごし方となった。錦戸が「紅白→カウントダウンライブ→初詣→海→大阪に帰郷→韓国→自宅に戻り→空港→ハワイ」というあまりにも過密すぎるオフの過ごし方を明かすと、スタジオから驚きの声があがり、他の出演者から「え?40位で死のうと思ってるの?」とのツッコミが入り、スタジオは笑いに包まれた。

番組が進行し、この日の番組のテーマである「あの人の予言当たってました」に基づいた錦戸のVTRがスタジオに流れた。VTRに依れば、2016年の12月に行われた関ジャニ∞のコンサート後、控室で関係者にメンバー全員で挨拶をしていると「錦戸君!」となぜか錦戸だけがマツコに呼びだされ、「頑張んなさいよ!頑張んなさいよ!あんたが頑張んないと関ジャニ∞どうすんのよ!」と叱咤激励されたという。

錦戸は「僕は何を頑張ればいいの?」と当初はマツコの叱咤激励の意味が理解できなかったが、後日、テレビ番組でマツコと共演した際にマツコから「なんかこのイメージ(関ジャニ∞の村上信五)に寄っちゃうじゃん、グループ全体が。あんたにはもっと頑張ってもらわなきゃいけないんだ!シュッとしてメインでやってればいいんだ、お前は!」と言われ、「村上みたいに無理に面白いことを言わなくていいんだ」と初めてマツコの真意を理解できたとのことだった。

更に、マツコは「(そうすれば)面白い俳優さんになっていくと思うんだよね」と今後の錦戸の方向性に言及し、実際にその後錦戸は、映画監督から「普通の人を演じる、天才!」と称賛され、大物脚本家から「彼を出演させたい脚本家はいっぱいいる」と言わしめるほどの俳優としての評価を得る形となったのだという。

これについて錦戸は、スタジオで当時を振り返り「(村上みたいに無理に面白いことを言わず)堂々と普通のこと言おう(と思った)」とコメントすると、スタジオは再び笑いに包まれていた。

(担当・桧垣らいと)

あなたにおすすめ