最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

チャン・グンソク 平昌五輪聖火リレーのラスト飾る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「2018平昌冬季オリンピック」、「2018平昌冬季パラリンピック」及び「江原道」の広報大使チャン・グンソクが、江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)区間の聖火リレーの有終の美を飾った。
JKS0130_1
29日、江原道春川で開かれた「2018平昌冬季オリンピック」の聖火リレーに参加したチャン・グンソクは、江原道庁周辺で希望の炎を持って走りながらファイトあふれるポーズとセレモニーでオリンピックの成功を祈願した。
この日、チャン・グンソクが登場しただけで聖火リレーを祝うために集まった市民とファンの熱気が高まった。厳しい寒さの中、彼が繋いだ希望の炎と多くの市民たちの力強い応援は、目前に迫ったオリンピックに向けた祭りの熱気を高揚させた。チャン・グンソクは「オリンピックの開幕を告げる聖火リレーに参加することができて光栄であり、うれしかった。熱い聖火の炎のように今回のオリンピックの熱気が全世界を熱くすることを、そして韓国選手団の皆さんの汗と情熱が光輝くことを願います。みなさんの善戦を祈ります」と感想を述べた。
さらに、「寒い中一緒に走って大声で応援してくれた市民の方々とファンたちのおかげで冷たい風も忘れて走ることができた。いつもあふれる愛を送ってくれて感謝します」と聖火リレーを共にしてくれたファンに愛情も伝えた。
またそれだけでなく、この日はチャン・グンソクの聖火リレーとオリンピックを応援しようとチャン・グンソクの韓国ファンクラブ「Cri-J」が一緒にイベントを行った。ソウルから春川にバスで向かったファンたちは、バスに「チャン・グンソク公式ファンクラブは、平昌冬季オリンピックを応援します」という垂れ幕をつけ、イベントの開始に先立ち、力を添えた。
ファンたちは現場で「チャン・グンソク&うなぎ+義理」と書かれたプラカードを持って寒い中でも彼に向けた声援を惜しまず、たくましさを見せた。現場に集まった市民たちにカイロや記念品を配り暖かいコーヒートラックまで準備。イベントが終わった後は、率先して後片付けを行うなどマナーのある姿を見せた。
江原道春川区間の聖火リレーのラストを華やかに盛り上げたチャン・グンソクは「2018平昌冬季オリンピック」、「2018平昌冬季パラリンピック」、「江原道」の広報大使として、国内外で活発な広報活動を続けている。そして広報大使として今後も活発に活動を続けて行く予定だ。
(C)2018平昌冬季オリンピック大会組織委員会

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス