最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「貧乏な50代」になりたくない!独身40代女性は家を買うべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アパレルメーカーに勤務しているA子さんは年収600万円の45歳。結婚をしないと決めたわけではないけれど、独身でいる人生について考え始めたA子さんはマイホームを購入すべきかどうか悩んだあげく、マネー相談にいらっしゃいました。今回はA子さんのマネー相談事例を伝えながら女性のライフプランについて考えていきたいと思います。

■A子さんのお悩み


A子さんは仕事も充実していて、ライフスタイルを変えないで尊重し合えるパートナーに出会えたら結婚すればいいと思っています。ただ、45歳になったことを機に独身でいる人生を前提に考え、マンションの購入を考え始めました。

A子さんは老後、実家に帰るか、そのまま東京にいるのか迷っていますが、65歳まで働くことを想定した場合、約20年間家賃を支払い続けるのであればマンションを購入して資産として持ちたいとのこと。そこで、いくらまでの物件なら購入してもいいのかのご相談でした。

■購入したい物件価格はライフプランを考慮する


A子さんの毎月の半年の平均収支は次の通りでした。


(クリックで拡大)


お話しを聞いていると韓国や香港、台湾などに旅行に行くのが好きなA子さんは年に1度は海外旅行に行きたいと思っています。銀行に相談すると住宅ローンは5千万円でも借り入れできるとのことでしたが、借入れ可能上限ではなく、「年に1度は旅行に行けて、今のライフスタイルを維持できる、実際に負担にならない返済額」を目安に購入価格を決めることにしました。頭金は600万円までなら入れてもいいとのこと、A子さんの購入物件の価格上限は3500万円としました。A子さんは住宅ローンを借入れしても無理なく返済できるのであれば購入したいとのことです。

■新築物件から中古物件へ希望をシフト


A子さんは新築物件を希望していたため、郊外で駅から離れてもいいと考えていました。しかしながら、老後は実家に戻る可能性もあるとのことから、将来、売却しやすい物件の方がいいのでは?とお話ししたところ、資産価値が大きく下がらず、いざという時に売却しやすい方がいいとの気持ちになり、中古物件を探すことになりました。

実際に物件を見学行くようになると、中古物件といってもリフォームされている物件であれば室内はキレイなので全く気にならないとのこと。都心の利便性が良い3100万円のリフォーム済みの中古物件を購入することにしました。

毎月の住宅ローンの返済額は今、支払っている家賃の11万円を目安に、毎月の住宅ローンの返済額とマンションの管理費・修繕積立金・固定資産税の合計を11万円以内としました。

住宅ローンの借入れは借入期間35年、変動金利0.8%、借入額2900万円で、諸経費、引越し代を含め貯蓄残高から400万円を準備してもらいました毎月の返済額は7万9千円、管理費・修繕積立金・固定資産税を含めても3万円以内となりました。

A子さんは今のライフスタイルをキープし、物件を購入できるということから購入する選択をしました。

独身女性の物件購入希望の相談は多いと感じています。賃貸か購入した方がいいのかケースバイケースなのでどちらが正解とはいえません。賃貸なら引越しもしやすいし住宅ローンなどの負担がない身軽さもあります。まずは自分のライフプランを考えた上で購入すべきかどうかを検討することが大切です。

今関倫子( https://fpcafe.jp/fps/20 ) ファイナンシャル・プランナー

外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe( https://fpcafe.jp/ )登録パートナー。

【もっと読むなら】

#40代のお金( https://otonasalone.jp/tags/40代のお金/ )

#貯金( https://otonasalone.jp/tags/貯金/ )

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス