【映画ランキング】『祈りの幕が下りる時』が初登場1位

クランクイン!

2018/1/30 11:05

 1月27~28日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、東野圭吾原作の「新参者」シリーズの完結編『祈りの幕が下りる時』が、初週土日動員20万6000人、興収2億6500万円をあげ、初登場1位に輝いた。前作『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』が初週土日動員21万7183人、興収2億7640万8100円。ほぼ同様のスタートを切った。

【写真】写真で見る「1月27日~1月28日全国映画動員ランキング」

先週1位だった『ジオストーム』は、週末土日動員11万4000人、興収1億6900万円をあげ2位、先週2位だった『嘘を愛する女』は、週末土日動員7万5000人、興収1億500万円を記録し3位と、それぞれワンランクダウン。4位の『パディントン2』は週末土日動員7万3000人、興収9100万円で同順位をキープした。

公開7週目を迎えた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は5位。累計興収70億円を突破し、歴代興収ランキングは81位となっている。同じく公開7週目の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は7位、累計興収25億円を突破した。公開8週目の『DESTINY 鎌倉ものがたり』は8位、累計興収は30億円に迫っている。

初登場組は『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇』が9位、『ダークタワー』が10位にランクインした。

1月27日~1月28日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:祈りの幕が下りる時
第2位:ジオストーム
第3位:嘘を愛する女
第4位:パディントン2
第5位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ
第6位:キングスマン:ゴールデン・サークル
第7位:8年越しの花嫁 奇跡の実話
第8位:DESTIN 鎌倉ものがたり
第9位:宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第四章 天命篇
第10位:ダークタワー

あなたにおすすめ