夢を壊す。でも、深い。やりたい放題な彼ら。

TABILABO

2018/1/30 10:01


子どもの頃から大好きだったディズニー映画。だけど、私の“絶対的な夢”は見事に崩壊した。ある絵がきっかけで。

「あ、あれ??」



SNSで話題となっていた一枚の絵。あの有名な草間彌生が、『101匹わんちゃん』のドットを描いていた?

いやいやいや。違うのはわかっている。でも妙にしっくりきてしまうのも確か。作者のJosé Rodolfo Loaizaの作品が気になり、調べてみると、私の大好きなディズニーのイメージが壊れてしまった。

「ガラスの靴をはいた王子様」、「酒に溺れる白雪姫」、「太ったティンカーベル」。彼の描くディズニーはすべて、ハッピーエンドとは程遠いものだから。でもこれは、目を決して背けてはいけな、真剣に考えるべき“現代の闇”なのかもしれない。

現実に「潜む」問題を、
夢物語で終わらせないために。



ガラスの靴は、女の子だけのもの?


大好きな人と結ばれて幸せそう?でも、“本当の心”はわからない。


辛いことがあったとき、彼女の王子様はあらわれるのだろうか。


好奇心は抑えられない。どんなにいい子でもね。


これが、美しさの秘訣。


だって、猫なんだもん。勝手な思い込みはやめて。


愛は自由。


刺青をして太った妖精がいても、いいでしょ?

Licensed material used with permission by José Rodolfo Loaiza Ontiveros



【TABI LABOのsarahahができました】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!

あなたにおすすめ