最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あざといくらいでちょうどいい!? バレンタインの渡し方3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バレンタインでプレゼントを渡すときのシチュエーションを考えている方は必見です。おすすめの渡し方を紹介します。鈍い男性にはあざといくらいでちょうどいいのです。



■ 手紙と一緒に手渡し

渡し方としては気取らずに直接カレに手渡しというのでもいいでしょう。大事なのはその中身です。カレはそれが本当に自分に気があって渡してくれたか、義理のプレゼントが分かりにくい場合もあります。よって、差別化をするという意味でも一緒に手紙を渡すのです。

普段、友だちのように接している人はなおさら自分の素直な気持ちを口で伝えるのは難しいでしょう。そういうときに手紙に本当の気持ちを書けば、きっとカレもあなたの想いに気づいてくれるはずです。バレンタインのときくらいしか恋する気持ちは表現できないので、思いきって「今度デートしてほしい」や「付き合ってほしい」と伝えるのもアリです。

■ 渡すシチュエーションを工夫する

渡すときのシチュエーションを工夫するのもひとつです。カレとそれまでよく遊びに行っている場所で渡すと、いつもと違った雰囲気が出せます。

前日の夜に渡すというサプライズも。カレに気持ちの準備がまだできていないときに渡せば、ビックリされるでしょう。「待ちきれなくて」と付け加えれば、かわいさもアピールできます。また、モテる人に対しては真っ先に渡せるので、後々印象に残りやすいのです。

■ 本命だとアピールする

義理だと思われないようにいかに本命だとアピールするかが大事です。
渡すときに「本命の人にしか渡していないんだけど」や「義理のプレゼントは渡さない主義なんだけど」と前置きして渡す方法は、ストレートに自分の気持ちを伝えやすいのでおすすめです。

最初は会社の同僚などに平等に義理チョコを渡しておいて、後からこっそり本命だといって付け加えて渡すというのも特別感が増して良いでしょう。

■ 彼に気持ちが伝わるように

バレンタインプレゼントを手渡しする際は、本命かどうか分かりやすいように工夫することをおすすめします。普段は言えないことを書いた手紙を一緒に送ったり、本命だと前置きしたり。カレもあなたのストレートな気持ちにきっと気づいてくれるでしょう。

バレンタインでプレゼントを渡すときのシチュエーションを考えている方は必見です。おすすめの渡し方を紹介します。鈍い男性にはあざといくらいでちょうどいいのです。

■ 手紙と一緒に手渡し

渡し方としては気取らずに直接カレに手渡しというのでもいいでしょう。大事なのはその中身です。カレはそれが本当に自分に気があって渡してくれたか、義理のプレゼントが分かりにくい場合もあります。よって、差別化をするという意味でも一緒に手紙を渡すのです。

普段、友だちのように接している人はなおさら自分の素直な気持ちを口で伝えるのは難しいでしょう。そういうときに手紙に本当の気持ちを書けば、きっとカレもあなたの想いに気づいてくれるはずです。バレンタインのときくらいしか恋する気持ちは表現できないので、思いきって「今度デートしてほしい」や「付き合ってほしい」と伝えるのもアリです。

■ 渡すシチュエーションを工夫する

渡すときのシチュエーションを工夫するのもひとつです。カレとそれまでよく遊びに行っている場所で渡すと、いつもと違った雰囲気が出せます。

前日の夜に渡すというサプライズも。カレに気持ちの準備がまだできていないときに渡せば、ビックリされるでしょう。「待ちきれなくて」と付け加えれば、かわいさもアピールできます。また、モテる人に対しては真っ先に渡せるので、後々印象に残りやすいのです。

■ 本命だとアピールする

義理だと思われないようにいかに本命だとアピールするかが大事です。
渡すときに「本命の人にしか渡していないんだけど」や「義理のプレゼントは渡さない主義なんだけど」と前置きして渡す方法は、ストレートに自分の気持ちを伝えやすいのでおすすめです。

最初は会社の同僚などに平等に義理チョコを渡しておいて、後からこっそり本命だといって付け加えて渡すというのも特別感が増して良いでしょう。

■ 彼に気持ちが伝わるように

バレンタインプレゼントを手渡しする際は、本命かどうか分かりやすいように工夫することをおすすめします。普段は言えないことを書いた手紙を一緒に送ったり、本命だと前置きしたり。カレもあなたのストレートな気持ちにきっと気づいてくれるでしょう。

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス