最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

冬ドラマ16作ガチ採点! 『海月姫』近年の月9イチ? 期待度満点は3作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16作品がそろった2018年の冬ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(「冬ドラマ高視聴率は1話完結ドラマに集中! 連ドラの静かな危機とは?」)において、2018年冬ドラマの主な傾向を[1]主演俳優の若返りとルックス回帰 [2]壮絶な過去やトラウマを持つ主人公 [3]高視聴率は一話完結に集中 の3つと分析。おすすめドラマとして、『海月姫』(フジテレビ系 月曜21時)、『リピート』(日本テレビ系、読売テレビ 木曜23時59分)、『anone』(日本テレビ系 水曜22時)、『アンナチュラル』(TBS系 金曜22時)、『オー・マイ・ジャンプ!』(テレビ東京系 金曜24時12分)の5本を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

芳根京子

○『海月姫』 月曜21時~ フジテレビ系

出演者:芳根京子、瀬戸康史ほか
寸評:映画版のように漫画原作をなぞるのではなく、恋心を丁寧に描いた連ドラらしい脚色に好感。脂の乗り切った石川淳一監督の演出と高次元で融合している。三角関係+シンデレラストーリーで恋愛純度は高く、キャラ劇の楽しさも含め、若年層を開拓。月9では近年一番の出来か。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

栗山千明

○『FINAL CUT』 火曜21時~ フジテレビ系

出演者:亀梨和也、藤木直人、栗山千明ほか
寸評:カンテレ+ジャニーズ=リベンジ。テレビ業界の問題点をあぶり出す自傷的な展開も含め、「カンテレ制作ならでは」で安定感あり。ただ、「ファイナルカット」を仕かけるパターンが、単なる盗撮なのが気になる。主人公の怒りもまだまだ浅く、早期のヒートアップが必要。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

吉岡里帆

○『きみが心に棲みついた』 火曜22時~ TBS系

出演者:吉岡里帆、桐谷健太、向井理ほか
寸評:星名(向井)のエキセントリックなキャラ設定は、TBS火10の十八番。ヒロインがトラウマから脱出する姿を視聴者が応援したくなるか、単に嫌悪感で終わるか、紙一重で不安が残る。ホラーテイストの演出は、『あなそれ』の涼太や麗華の静かな怖さと比べるとインパクト弱め。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

広瀬すず

○『anone』 水曜22時~ 日本テレビ系

出演者:広瀬すず、田中裕子ほか
寸評:脚本・坂元裕二×演出・水田伸生が作るドキュメントタッチの会話劇は、常にドラマチック。ズラリそろえた名優の技量が引き出すほか、広瀬の才能が爆発するか。謎がてんこ盛りで、先の展開どころか、ジャンルさえ読めない難解な作品だけに、視聴率苦戦は織り込み済み。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

上川隆也

○『BG~身辺警護人~』 木曜21時~ テレビ朝日系

出演者:木村拓哉、江口洋介、上川隆也ほか
寸評:「武器を持たない民間ボディーガード」は、昨年の『4号警備』と同じだけに差別化が必要。拳銃を持つ警視庁SPとの対決を盛り上げて主人公のカッコよさを引き出したい。1話完結、豪華キャスト、固定客の多い枠で視聴率は不安なしも、記憶に残る作品になるかは疑問。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

深田恭子

○『隣の家族は青く見える』 木曜22時~ フジテレビ系

出演者:深田恭子、松山ケンイチほか
寸評:妊活のエピソードをシビアに描くと思いきや、非出産、同性、失業中などの多様なカップルを描く群像劇だった。近年のトレンドを踏まえたすべての生き方を肯定する展開になりそうだが、それでは苦戦必至。『コウノドリ』のように不妊治療の現場をディープに描けるか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

貫地谷しほり

○『リピート~運命を変える10か月~』 木曜23時59分~ 日本テレビ系

出演者:貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリほか
寸評:よくあるタイムスリップものではなく、多彩なキャラの人生にスポットを当てて明暗を描く骨太な作品。エピソードのディテールが繊細で、ファンタジーを忘れてリアリティを感じる。謎が深まるミステリーと、恐怖が忍び寄るサスペンスも十分で、深夜に見入ってしまう。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

名取裕子

○『特命刑事カクホの女』 金曜20時~ テレビ東京系

出演者:名取裕子、麻生祐未、伊東四朗ほか
寸評:名取×麻生の名コンビ再び。今作でも「エリート」と「叩き上げ」の古典的な対比で、事件解決よりも、むしろ会話劇でベテランの味を見せる。目新しさは一切ない反面、すでに数シリーズ見たかのような印象も。かつて2時間ドラマ好きだった人に向けた安定作で不安なし。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

石原さとみ

○『アンナチュラル』 金曜22時~ TBS系

出演者:石原さとみ、井浦新、松重豊ほか
寸評:野木亜紀子らしいひたむきな人間ドラマを期待していたが、フタを開けてみたら、スリリングな事件解決もの。めまぐるしく状況を変えながら1話完結で押さえるため、テンポはいいが、カタルシスに欠ける。どんな役も石原が演じると華のある職業に見えるのはさすが。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

仲里依紗

○『ホリデイラブ』 金曜23時15分~ テレビ朝日系

出演者:仲里依紗、塚本高史、中村倫也ほか
寸評:1年前の『奪い合い、冬』を思い出すドロドロ劇だが、仲主演で見応えは上々。“浮気される側=サレ妻”が主人公だけに、耐える演技が求められる。しかし最注目は、不倫相手の夫婦を演じる中村と松本まりか。「SNSでどこまで話題になるか」はこの2人にかかっている。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

伊藤淳史

○『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』 金曜24時12分~ テレビ東京系

出演者:伊藤淳史、生駒里奈、寺脇康文ほか
寸評:創刊50周年の『週刊少年ジャンプ』に大サービス。名作のコスプレと名ゼリフを「これでもか」というほど畳みかけて、祝福するような作品に。スタッフに深夜ドラマのエース級をそろえているだけに、笑いの手数は多く、最後にどんなヒーローが飛び出すのか楽しみ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

波瑠

○『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』 土曜22時~ 日本テレビ系

出演者:山田涼介、波瑠、小澤征悦ほか
寸評:メインキャストの3人を警察官・弁護士・医者の連ドラ3大職業に据えた遊び心ある構成で、コメディとしての期待が膨らむ。ただ、序盤はスタッフ、キャストともに「エリート一家」という設定を生かせていないのが気がかり。各職業の能力を生かすシーンが求められる。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

市原隼人

○『明日の君がもっと好き』 土曜23時5分~ テレビ朝日系

出演者:市原隼人、伊藤歩、志田未来ほか
寸評:往年の昼ドラを思わせるタイトな人間関係は、ドラマ好きにはノスタルジー、若年層には新鮮。大ベテラン脚本家・井沢満が若者たちの恋愛をどう解釈し、どう壊していくのか。シンボルとなる市原の植物系男子が興味深い。テレ朝の深夜ドラマは、ドロドロ路線で確定!?
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

西野七瀬

○『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』 土曜24時20分~ テレビ東京系

出演者:西野七瀬、野村周平、戸次重幸ほか
寸評:良くも悪くも西野の存在がすべてを左右するようなコンセプト。相手役の野村は好演し、演出の関和亮は映像美で支えるなど、サポート体制は申し分ないだけに、どう魅力を放つのか。お色気シーンも品のあるものに留めた分、ハートフルな要素をどう盛り込むのかに注目。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

香川照之

○『99.9-刑事専門弁護士-SEASON II』 日曜21時~ TBS系

出演者:松本潤、香川照之、木村文乃ほか
寸評:続編も木村ひさし監督のキャラクター喜劇と小ネタは健在。ここに時間をたっぷり使っているため、事件の扱いは驚くほど軽い。トリック、犯行動機、解決後など省くため、他の事件解決モノよりかなりあっさり風味に。深山の仕草やダジャレは、賛否両論が自然だろう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

山崎賢人

○『トドメの接吻』 日曜22時30分~ 日本テレビ系

出演者:山崎賢人、門脇麦、菅田将暉ほか
寸評:美男美女をそろえた旬の若手俳優、次々に交わされるキス、繰り返されるタイムリープ。すべては若年層向けの仕掛けであり、その姿勢は潔い。荒唐無稽な物語だけに、前後の辻褄や伏線などを気にせず、最後まで突っ走れるか。いい作品でなく、話題になる作品を狙いたい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

著者プロフィール木村隆志コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技
84』など。

外部リンク(マイナビニュース)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス