最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

転売 

チケット転売だけじゃない! アーティストを悩ませるグッズ転売、定価の5倍の例も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大手サイト「チケットキャンプ」が摘発、5月にサービス停止するなどチケット転売問題に大きな展開があった。だが、チケットと同じくファンやアーティストを悩ませているのが、物販の転売だ。日程の入ったツアーTシャツや数量限定など、会場でしか手に入らないグッズはネットでも値段が高騰しやすく、転売ヤーのターゲットとなりやすい。

「物販はチケットに比べてリスクが低く、ラクに儲かります。購入できる数が制限されていても、一度買った後、別な列に並びなおせば、気づかれることも少ない。ファンを装って『今日来られない友達にどうしてもほしいと頼まれたので……』と前後に並んでいる人に買わせたり、よくわかっていないスタッフにつけこんで、個数制限を無視したり、手に入れる方法はいくらでもあります。物販側のオペレーションがしっかりしていないと、暴動状態になりやすく、騒いだ者勝ちなのが現状」(転売ヤーのY氏)

大規模なコンサートでは会場の外に物販コーナーがあることも珍しくない。チケット代を払わずともグッズは手に入るので、転売ヤーも容易に入り込むことができる。近年は混乱を避けるため、開場の数時間前から物販コーナーを解放することも多い。

「同じ会場で何公演かあって、後日のチケットしか取れなかったとき、初日は物販のためだけに行くこともあります。売り切れたら悔しいので(苦笑)」(26歳・女性)

こういったコアなファンのためにSNS上で「物販代行」を行うケースも。基本的にはファン同士の助け合いだが、なかには商品の値段に加えて“手数料”を上乗せする者もいるという。

「仕事の都合で開演ギリギリにしか行けなかったので、ネットの募集を見て頼んだら、商品代に1500円上乗せされていました。『2時間も並びましたけど、ゲットしましたよ!』と言われたので、特にごねませんでしたが……。足元の大きなキャリーケースいっぱいにTシャツが詰まっていたので、数万円は儲けたはずです」(同)

◆小規模なライブでも転売ヤーは出没

また、アイドルや声優の大規模なイベントだけでなく、物販の転売ヤーはアングラなライブ会場でも増えている。

「200人も入ればパンパンの小さなハコにメタルバンドを観に行ったんです。その日は限定30枚のパーカーが売られるということで、早めに会場に到着しました。整理番号も1桁代だったので安心していたら、何人か前の客が『全サイズ3枚ずつください』とまさかの売り切れ。マイナーなバンドだったので、枚数制限もなく……。後日、ネットで検索すると、5倍の値段で海外のマニアに転売されていました」(42歳・男性)

アーティスト側が「転売された商品を買わないでください」とオークションサイトなどの画像をアップすることも増えている。チケットの高額転売にばかり目がいきがちだが、対応が甘いぶん、事態が深刻なのはグッズのほうなのかもしれない。<取材・文/週刊SPA!編集部>

※1/30発売の『週刊SPA!』「[チケット転売]の裏側」より


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス