最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

スチュー・ハート カルガリーの“プロレスの父” ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第6話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


スチュー・ハートはカナダの“プロレスの父”であり、20世紀のプロレス史の最後のストーリー・テラー=語り部だった。

映像には残っていない伝説の男たちと出逢い、みずからもレスラーとして闘い、プロレス史の重要な登場人物となるたくさんのスーパースターたちを半世紀にわたり世に送り出し、大家族をつくり、20世紀後半のプロレスの移り変わりを当事者として体験した。

スチューの地下道場“ダンジェンDungeon”がなかったら、ジン・キニスキーもウィルバー・スナイダーもフリッツ・フォン・エリックも“スーパースター”ビリー・グラハムもプロレスラーになっていなかった。

スチューとヘレンさんが父と母でなかったら、ブレット・ハートもオーエン・ハートもこの世に生を受けることはなかった。

スチューのスタンピード・レスリングStampede Wrestlingが存在しなかったら――イギリスからカナダを経由してアメリカ本土に進出した――ビル・ロビンソンもダイナマイト・キッドもデイビーボーイ・スミスもスーパースターにはなっていなかった。

スチューの実家は、スチューがまだ子どもだったころに破産したという。

エドモントンのYMCAでレスリングを習いはじめたのは14歳のときで、大学には行かなかったが、プロ・フットボール選手として1937年から1939年まで3シーズン、CFL(カナディアン・フットボール・リーグ)のエドモント・エスキモーズに在籍した。

アマチュア・レスリングでは1938年に西カナダ選手権に優勝し、ブリティッシュ・エンパイヤ・ゲームス出場権を獲得したが、大会開催地のオーストラリアへ行く渡航費がなく、泣く泣く出場をあきらめた。

1939年にモントリオールで開かれたカナディアン・ナショナル選手権(191ポンド級)に優勝したときは、第二次世界大戦のため1940年のオリンピックが中止になった。

スチューは海軍に入隊してレスリングをつづけたが、戦争のため4年後のオリンピック(1944年)もまた中止となった。スチューの夢はオリンピックに出場することだった。

レスリングで生計を立てようと思ったスチューは、ヒッチハイクでカナダからニューヨークまで出かけていってプロモーターのトゥーツ・モントを探し出し、マンハッタンのコーヒー・ショップでモントに「アマチュアのチャンピオンでした。レスリングでお金を稼げますか」と直談判した。

スチューのカリフラワー状の耳をながめながら、モントは「いつから試合ができる?」と答えたという。こうしてスチューは終戦から1年後の1946年、31歳でプロレスラーになった。

ニューヨークの“プロレス一座”の仲間にはサンダー・コバックスSandor Kovacs(のちのバンクーバーのプロモーター)、ロード・ブレアースLord James Blears(のちのハワイのプロモーターで、日本ではPWF会長として知られる)、ポール・ボーシュPaul Boesch(のちのヒューストンのプロモーター)らがいた。

スチューは、ボーシュから元オリンピック選手のハリー・J・スミスの娘ヘレンさんを紹介された。スチューとヘレンさんは、1947年の大みそかの夜に結婚式をあげた。

それから50年間、「吹雪のなかで式を挙げて、それから一生、雪のなか」がみんなを笑わせるときのヘレンさんの十八番のジョークになった。

ふたりは2年後にスチューのホームタウンのエドモントンに戻ってきた。

スチューは現役選手として活動をつづけながら、1951年にローカル・プロモーターのラリー・ティルマンとジェリー・ミーカーからエドモントンとカルガリーの興行権を買いとり新会社フットヒルズ・アスレチック・クラブFoothills Athletic Clubを設立した。

プロレス団体の看板はクロンダイク・レスリングKlondike Wrestling、ビッグ・タイム・レスリングBig Time Wrestling、ワイルドキャット・レスリングWildcat Wrestlingと何度か変更をかさね、1967年にカウボーイの町カルガリーらしいスタンピード・レスリングという名称にたどり着いた。

スチューが現役として活躍したのは1946年から1960年までの約15年間。1970年代、1980年代に息子たちとタッグを組んで何度か試合をしたことがあったが、スチュー自身はこれをキャリアの一部としては数えていない。

チャンピオンベルトを腰に巻いたことはないし、同時代を生きたアメリカのスーパースターたちのように世界じゅうをツアーしたこともなかった。

ルーキー時代にいちどだけルー・テーズと試合をしたことがあるというのが実績といえば実績だった。

1950年から1965年までの15年間で、スチューとヘレンさんは男の子8人、女の子4人の12人兄弟をつくった。カルガリーの丘の上にそびえるハート家のお屋敷の伝説が生まれた。

たくさんの子どもたちとたくさんの動物たちがいつも庭を走りまわり、朝から晩までプロレスラーが出入りし、ゆるやかな坂道に中古のキャデラックが何台も駐車してある大きな木造の家。地下道場からは練習中のレスラーたちの叫び声が響いていた。

いつでも何人かのレスラーの卵たち、若手レスラーたちがホームステイしていて、玄関のドアはいつも開けっ放しになっていた。家のなかは1日じゅう食べもののにおいがして、1階のダイニング・ルームではつねにだれかが食事をしていた。

長男スミスから八男オーエンまで全員がプロレスラーになり、4人の娘たちはみんなプロレスラーと結婚した。スチューはコワくてやさしい親方で、ヘレンさんは女将(おかみ)さんだった。

スチューは、レスラーたちにプロレスのおとぎばなしを話して聞かせた。お気に入りのタフガイはジョージ・ゴーディエンコGeorge Gordienko、ルーサー・グッドールLuther Goodall(リングネームはルーサー・リンゼイLuther Linsay=カタカナ表記はルッター・レンジ)、ルーブ・ライトRube Wrightの3人。

スチューは、ゴーディエンコやリンゼイのほうがテーズよりも強かったと考えた。カール・ゴッチもスチューの好きなレスラーだった。

スチューは、カルガリーのリングにタフガイを集めた。それはライブの試合を観にくるお客さんのほとんどが本物のカウボーイ、炭鉱労働者、木材製造業といった力自慢のブルーカラー層の男性ファンだったことと関係している。

スタンピード・レスリングはプロレス団体としてはそれほど大きくはなかったが、レスリングのクオリティーはひじょうに高かった。

地下牢=ダンジェンでのケイコに耐え、雪国カルガリーの真冬のサーキットをしのいだレスラーたちの多くは、その後、メインイベンターとしてメジャーなテリトリーへと巣立っていった。

しかし、カルガリーもいつしか時代のうねりに巻き込まれていく。1984年、ビンス・マクマホンがスタンピード・レスリングの買収案をスチューに持ちかけた。

このときスチューがビンスのオファーを断っていたとしても、ニューヨークのツアー・クルーはいずれカルガリーに乗り込んでくる計画だった。

69歳(当時)だったスチューは、ブレット・ハート、ダイナマイト・キッド、デイビーボーイ・スミス、ジム・ナイドハートの4選手のWWEとの契約を条件に会社をビンスに売却した。

スチューはその後、77歳になるまで自宅の地下牢=ダンジェンで有望な新人レスラーたちを育成した。1985年にはハイスクールを卒業したばかりのクリス・ベンワーが丘の上のお屋敷に住み込みをはじめ、1986年には末っ子の“天才児”オーエンがデビューした。

日本人レスラー、ミスター・ヒト(安達勝治=故人)がカルガリー在住だった関係から、ミスター・サクラダ(桜田一男)、アニマル浜口ら昭和世代からジョージ高野、スーパー・ストロング・マシン(平田淳嗣)、ヒロ斉藤、保永昇男、獣神サンダー・ライガー、馳浩、橋本真也、佐々木健介ら数多くの日本人レスラーが長期滞在した。

カルガリーに在住したもうひとりの日本人オールドタイマー、トーキョー・ジョーのリングネームで活躍した大剛鉄之助(本名・栄田幸弘=故人)は、1974年に大雪のハイウェイで交通事故に遭い、片足を切断する重傷でやむなく引退。

その後はジョー・ダイゴーの名で国際プロレス、新日本プロレスの海外ブッカーを歴任。カルガリーに武者修行にやって来た天山広吉、小島聡、大谷晋二郎ら新日本プロレスの1990年代のヤングライオンを肉体改造したコーチとして知られる。

カルガリーと日本は、プロレスにおける“姉妹都市”のような関係にあった。

現在、新日本プロレスのリングで活躍するデイビーボーイ・スミス・ジュニア、WWEのナタリア(ジム・ナイドハートの長女)はスチューの孫で、レスリング・ファミリーの三代目。スタンピード・レスリングのレガシーはいまもつづいている――。

●PROFILE:スチュー・ハートStu Hart

1915年5月3日、カナダ・サスカッチェワン州サスカトゥーン出身。本名スチュワート・エドワード・ハート。1946年にニューヨークでデビュー。1950年代から1990年代までカルガリーでプロモーター兼道場主として活動した。六男ブレット、八男オーエンは1990年代を代表するWWEスーパースターだった。2003年10月16日、死去。享年88。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス