La PomPon、笑いあり涙あり、ぶりっ子あり…? 2ndワンマンで“史上最高”を更新!

ザテレビジョン

2018/1/30 07:05

「何も言えねぇ…!」それが彼女たちのライブ終演後の筆者の第一声だった。本格派ダンス&ボーカルグループLa PomPonが、1月28日にデビュー3周年を記念する「2ndワンマンライブ ~the 3rd Anniversary~」を東京・渋谷のduo MUSIC ECCHANGEで開催した。

約半年ぶりのワンマンライブとなった今回。待ちくたびれたファン(=La PomTer)が開演前から熱気ムンムンでそれぞれの“推しメンバー”へ声援を送る。

場内は開演前から和やかでアットホームなムードに包まれる中、会場が暗転してステージセンターのスクリーンにカウントダウン映像が映し出される。メンバー紹介の映像を挟み、各メンバーのファンはそれぞれ歓喜の声を上げる。

会場全体で「5、4、3、2、1」のコールが起こり、カウント0になった瞬間にメンバーが登場した。

1月24日に発売された1stにしてベスト盤となるアルバム『BEST OF La PomPon』のジャケットにもなっている制服ライクな衣装で、最新シングルから「Mr. Lonely Boy」で、La PomPonの2ndワンマンライブが幕を開けた。

おなじみのトライアングルフォーメーションを基調としたキレのあるダンスとパワフルな生ボーカルによるパフォーマンスで、オーディエンスを魅了した。

曲中にYUKINOのウェルカムコールを挟んだものの、楽曲はすぐさま次の「恋はずーく☆ダンス」へ。2ndシングルのカップリングに収録された同曲では、イントロでのHINAの激しいあおりがこのライブに懸ける彼女たちの意気込みを強烈に感じさせた。

そのあおりに応えるように、ファンも会場全体で同じ動きを見せるなどして、場内はいきなりヒートアップ。そのままの勢いでEDM色の強い「come on NOW」へ突入。

アイドルらしからぬ高いキーのファルセットから始まるサビ、CDバージョンよりも数倍に伸ばしたダブステ感のある間奏では、一人一人がソロで激しく、個性豊かにダンスパフォーマンスを披露した。

オーディエンスからは刻みの細かいクラップの嵐、会場の盛り上がりは早くも最高潮となった。

クールで激しい3曲を終え、ようやくMCに入ろうというところでもファンの歓声が鳴り止まず、MC担当・KARENの「しーーーーっ」で収めてやっとグループ、メンバー紹介に入った。

「あっという間だった」とメンバーが口をそろえて言う3年間の総まとめが、YUKINOの「思いっきり届けていくので覚悟してください!」の声と共に、La PomPonの大切な記念日は始まりを告げた。

ザテレビジョンとして彼女たちに初めて“触れた”のは2015年7月。3rdシングル「謎/ヤダ!嫌だ!ヤダ! ~Sweet Teens ver.~」のプロモーション時だった。

それから早いもので2年半、都内はもちろん栃木の作新学院や、神奈川・大磯ロングビーチ、クイーンズスクエア横浜、埼玉・さいたま新都心、千葉のQVCマリンフィールド(現:ZOZOマリンスタジアム)と、さまざまな場所に取材に行かせてもらった。

周囲からは「もう半分オフィシャルライターやん」と冷やかされてきただけあって、こちらとしても大切な記念日である3周年当日のワンマンライブは、リポートするキーボードにも力が入るし、覚悟が要る。

と、そんなことを考えて感傷に浸る間もなく、にぎやかなマーチが聴こえてきた。そう、4曲目は「La PomPon Music ~ロッポンギマーチ~」だ。おなじみのマーチングバンドの一員になったような気分が味わえる楽曲から、アイドルらしいハイテンポで明るく、曲中に大きくオーディエンスの合いの手、掛け声、クラップが入る「恋のB・G・M ~イマハ、カタオモイ~」へ。

続いて「恋のABC」「HOT GIRL」「ふれんず」3曲のメドレーと勢いのあるナンバーやコケティッシュな魅力あふれるナンバーで、満員の観客へ畳み掛けていく。

ここで一度メンバーが退場、スクリーンにはLINEっぽいメッセージアプリ画面でのメンバー同士の会話が映し出され、コミカルなやりとりに笑いが起きた。

画像や動画を交えつつアルバム新曲「Give Me」のメーキングを紹介。「何枚写真を撮ってもKIRIのポーズ変わってない件」を含め、面白い映像企画にファンからは随所で笑いが起き、激しいパフォーマンスで上がり過ぎたボルテージを楽しくクールダウンさせた。

制服ジャケットを脱ぎ、再びステージに現れたメンバーは『BEST OF La PomPon』に初収録された新曲「Give Me」をフレッシュにパフォーマンス。

キュートな“ギブミ―ダンス”を交えて、用意されたステージボックスの上に立って歌い、座って歌い、ダンスのバリエーションも豊かに巧みな演出で観客を楽しませた。

そしてメンバーカラ―がお目見えしたステージボックスに座り、しっとりと「Step by Step ~ろっぽんぎで頑張るワタシタチ~」を歌い、YUKINOの「私たちにとっても大切な曲」という「ろっぽんぎのうた♪」と、彼女たちのホームタウンとなる六本木をアピールする、初期からおなじみの楽曲を続けて披露。

その後は4thシングルから、R&Bバラードの名曲「サヨナラは始まりの言葉」へ。

椅子から順々に立ち上がったメンバーが次第に横一列になり歌った同曲。横一列でのパフォーマンスは意外にもこのライブで初めてとなり、感情移入からかMISAKIやKARENらは少し目が潤んでいるようにも見えた。

YUKINOとKIRIのWメインボーカル2人が、肩を寄せ合う終盤のサビも、ファンから熱い声援が上がった。

あまりにも思いを込めて歌い過ぎたのか、MCに入る上で言葉が浮かばず、「いやいや」「いやいやいや」「いやいやいやいや」と交互に喋り出しに苦労しながら(?)も、ヒットのきっかけともなったアニメ「名探偵コナン」(日本テレビ系)への思いを語り、KARENも「大好きな曲」というZARDのカバー曲「運命のルーレット廻して」に。

メンバーの思い入れが感じられる熱のこもった歌唱とダンスは楽曲の持つ切なさが十二分に表現されていた。そして比較的しっとりしたセクションの最後を飾ったのはもう一曲のアルバム新曲「Winter Magic」だ。

ミラーボールが回る会場は雪が舞っているかのような光の粒が降り注ぐ幻想的なステージで、メンバーの静かなるキレキレダンスが映えた。

ここでスクリーンには「休憩」の大きな表示。あらかじめ今回のライブのため撮り下ろした「大喜利+紙芝居」をメンバーが作り、その優勝者が次の曲紹介の権利を得られる、という小粋な(?)企画映像が始まる。

赤ベースのギラッとした衣装にチェンジしステージに戻ってきたメンバーに、「長尺」と言われるほどの力の入った映像で見事にリアルとスクリーンをリンクさせ、大きな盛り上がりを見せた。

優勝の決め手となったのは、恐らく企画にちなんで行われたKARENからHINAへの“ぶりっ子”指示だろう。KARENのナイスパスによって、HINAが最高にキュートなしぐさで「みんなを、夢中にさせ過ぎちゃって…ゴメンネ」の“ぶりっ子プレー”を披露!

これには観客も大興奮で、厳正なる(?)審査の結果、HINAはこの企画に優勝した。優勝コメント「何も言えねぇ」も飛び出し、HINAから発表された次の楽曲は、これが初披露となる『doriko 10th anniversary tribute』に収録された、VOCALOID楽曲のカバー「キャットフード」。

猫ダンス、猫ヘドバン、猫折りたたみ(?)など猫づくしのキュートさにファンは再び熱狂の渦へ。続いて、レーベルの大先輩である大黒摩季が作詞・作曲した「ヤダ!嫌だ!ヤダ! ~Sweet Teens ver.~」では、ラテンフレーバーに乗せたキレキレ・伸びやかなダンスを見せ、小松未歩の「謎」も力強く歌い踊り、倉木麻衣の「Feel Fine!」を爽やかに送り、先輩たちのヒット曲をカバーしたシングル表題曲連発!

折からの寒波によって0℃近い真冬の東京を、真夏のような熱気に変えた。

本編ラストにはノリノリの「ろっぽんぎ体操 ~愛コトバはジャンパラポン~」をアイドル感たっぷりに歌い踊った。本編を終え、「ありがとうございました!」とあいさつしたメンバーが退場後、ファン主導の声がけでアンコールの大合唱へ。

ファンの団結感を見せたアンコールに応え、ライブTシャツ姿でLa PomPonが再び登場。そしてそのまま披露した楽曲は「Sunset Dream」だった。いわゆるLa PomTerカラーであるオレンジのサイリウムの光で会場全体が満たされ、感動のあまりRIMAが涙を見せる場面も。

曲が終わり、それぞれが3周年、そして3年間の思いをファンに伝えた。

リーダーのYUKINOが「皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございます!」と言えば、赤担当のHINAは「3年間とてもあっという間でした。たくさんのLa PomTerさんが一つの会場に集まってライブが迎えられてすごく幸せ」と喜びをにじませる。

そして“ムラサキミサキ”こと紫担当のMISAKIは「La PomPonは私の分身?のような存在といってもいい…いや、ん? うまく言葉にできない」と相変わらずの天然感のあるメッセージを送ると、センターであり黄色担当のKIRIは「デビューから3年この6人でやってこられたことが私の宝物です!」と持ち前の明るいスマイルでコメント。

そして、MC&ピンク担当・KARENは「大事な1日を分けてくださってありがとうございます。私史上、最高記録を更新しました。最高の日、史上最高の日です!」と珍しく涙ぐみながら語ると、続くRIMAももらい泣きしたのか涙ぐみながら「18歳のうちに2ndワンマンができてうれしい。すごくオレンジの景色がきれいで、胸がいっぱいです…」と万感の思いを吐露した。

それから写真撮影を挟み、アンコール2曲目はちょうど3年前の1月28日に発売されたメジャーデビュー曲「BUMP!!」。

おなじみの円陣から、YUKINOとKIRIのWセンターによる力強い歌声が響き、先ほどまでの湿っぽい空気を吹き飛ばすような元気いっぱいのパフォーマンスを見せた。

ダンスも歌唱も高水準の彼女たち。これまで幅広いジャンルの楽曲を歌ってきたが、やはり何だかんだ言ってもデビュー曲であるこの歌が、最も彼女たちの魅力を表し、最もアイドルらしいLa PomPonが見られる曲なのかも。

KARENの「みんな本当にありがどうございまじだぁ」というこれまた珍しい涙声でのあいさつに、メンバー&観客が大爆笑に包まれ、鳴り止まないファンの歓声の中、メンバーのマイクなしによる「今日はありがとうございました」を最後に、彼女たちのデビュー3周年は幕を下ろした。

やはりデビュー3周年、半年ぶり・2度目のワンマンライブというのは彼女たちにとっても大きいことだったのか、いつも笑顔全開で繰り広げられる彼女たちのライブとしては珍しく、一人一人が感想を言う場面では、メンバーのほとんどが涙を浮かべていた。

こちらも年甲斐もなく頬を涙っぽい何かが伝っていったのは言うまでもない。まさに、何も言えねぇ状態だった。

キーボードをたたきながら、今もその余韻だけでご飯3杯は食えるくらいの感動を味わっている。原稿にそれがノっているかは「謎」ではあるが…。

陳腐な言葉でのまとめでLa PomTerさんたちには申し訳ないが、この大きな舞台を経て、一回りも二回りも大きくなるであろう彼女たちのパフォーマンスを、また早く見たい。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135666/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス