こんなに幸せで良いの!? 女性陣のバレンタインのハッピーな思い出




今年もバレンタインの季節がやってきました! 男子も女子もドキドキするこの日ですが、最高に素敵なバレンタインを経験した人も。そこで今回は「バレンタインのハッピーな思い出」について女性陣に聞いてみました。

1. 好きな人と付き合えた



「ずっと好きだった男子にチョコを渡して告白したら、『俺も好きだった』と言ってもらえたこと」(20代/一般事務)

▽ やっぱり一番ハッピーな出来事といえばこれですよね! 一生忘れられないバレンタインになるでしょう。何年後かの同窓会で、「俺、実は○○ちゃんのことが好きだったんだよね」なんて言うのは良くある話。でもせっかく両思いだったのに、タイミングを逃してしまうのはもったいないですよね。
最初から脈ナシだと諦めるのではなく、勇気を出してチョコを渡してみましょう! もしかしたら彼のほうも、あなたのチョコを待っているかもしれませんよ。

2. 逆にプレゼントをもらった

「彼氏が『○○ちゃんに似合いそうだと思って』と、バレンタインにネックレスをプレゼントしてくれました。予想していなかったサプライズに、思わず泣きそうになりました」(30代/接客)

▽ まさか彼が自分のためにプレゼントを用意してくれていたなんて、うれしすぎますよね。より愛されている実感がわくでしょう。これからもっと彼を大切にしようと思えるはずです。

3. 目の前でおいしそうに食べてくれた



「『これ手作りなの!? すごい!』『店で売ってるのより何倍もおいしいよ!』と私の目の前でチョコをバクバク食べてくれた。あげて良かったな、って思えました」(20代/経理)

▽ 女性はチョコを選んでいる段階から、どんなものを贈ったら喜んでくれるのか悩んでいます。そのため男性が目の前でおいしそうに食べてくれると、それだけで安心できるみたい。もしすぐに食べられる状況ではないのであれば、男性陣は一言「すごくおいしかったよ!」とLINEをしてあげてください。それだけで女性はホッとできるはずですよ。

4. 一緒に過ごせただけで幸せ!

「バレンタイン直前に破局したり、好きな人にチョコをあげられなかったりと、今まであまり良い思い出がなかった。なので去年初めていまの彼氏とバレンタインを堪能できて、すごく幸せでした!」(20代/会社員)

▽ たしかに好きな人とバレンタインを一緒に過ごせるなんて、それだけで奇跡みたいなものですよね! お家でまったりご飯を食べるのも良いですし、外でいつもよりちょっぴり豪華なバレンタインディナーを楽しむのもアリでしょう。「○○君と一緒にいられるだけで幸せ!」と伝えるだけで、彼も喜んでくれるのではないでしょうか。

バレンタインから恋がはじまったり、改めてお互いの愛情を再確認することがあるよう。ハッピーなバレンタインを過ごせるように、女性のほうから行動に移したいものですね。

あなたにおすすめ