綾瀬はるか、坂口健太郎に絶賛されるも「聞いてなかった」 天然ぶり炸裂

クランクイン!

2018/1/29 20:47

 映画『今夜、ロマンス劇場で』で共演する女優の綾瀬はるかと俳優の坂口健太郎が、29日に都内で実施された東京スカイツリーバレンタイン特別ライティング点灯式に出席。坂口から劇中のシーンを称賛された綾瀬は、その返答を求められると「(坂口の話を)聞いてなかった(笑)」と天然ぶりを炸裂させ、会場を笑いに包んだ。

【写真】映画『今夜、ロマンス劇場で』東京スカイツリー バレンタイン点灯式フォトギャラリー

『今夜、ロマンス劇場で』は、映画の中のヒロインに恋い焦がれる監督志望の健司(坂口)と、スクリーンの中から現れたモノクロのお姫様・美雪(綾瀬)が織りなす切ない恋模様を描く。綾瀬は印象に残っているシーンを聞かれると、「健司が川に落ちるシーン、面白いですね」とニッコリ。これを聞いた坂口は「意外と落ちてるシーンは大変なんですけどね」と苦笑しつつ、「この映画はすごくキュートなシーンが多い」とアピールした。

見どころのひとつとして、「蛍が見える川でのシーンがあるんですけど、あの時は気持ちがポジティブなお芝居というわけではないけれど、2人がすごくしっとりしていて好きだなあ」と思い入れを語った坂口。綾瀬が出演しているシーンのお気に入りを聞かれると、マジックアワーに撮影したという崖のシーンを挙げ、「太陽が降りてきて、一番ちょうどいい時間になったときの綾瀬さんは美しかったですね」と絶賛。この発言への返答を求められた綾瀬だが、「聞いてなかった(笑)」とまさかの回答で天然ぶりを炸裂させた。

また、バレンタインの思い出を聞かれた綾瀬は、「学生のころに、友達とおうちでチョコレートを一緒に作って、友達同士で交換するっていうのを、よくやってましたね」と回想。坂口は「チョコをいただいたら、ちゃんとお返しをしなきゃいけないというのは家で言われていた」といい、「そのときに僕、小学校低学年くらいで。自分でコンビニかスーパーかなんかでチョコを買って、学校まで持っていくんですけど、恥ずかしくて渡せないんですよ。恥ずかしくて渡せなくて、それを帰りに自分で食べるっていうのはしてましたね」と可愛らしいエピソードを明かし、黄色い歓声を浴びていた。

映画『今夜、ロマンス劇場で』は2月10日より全国公開。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス