生産性をあげるコツは、注意力をうまく管理すること


「忙しすぎる!」「時間がない!」「1日が24時間以上あったらいいのに」など、忙しくて仕事の追われていると感じている時は、仕事がはかどらないことが多いのは不思議です。おそらく、問題は時間が足りないことではありません。注意力が足りないのです。

QuartzでSrinivas Raoが、仕事を終らせるために本当に大事なのは、注意力を管理することだと書いています。注意力を管理できていたら、時間の管理もはるかにうまくいくはずです。

注意力を管理するというのは、ソーシャルメディアを5分おきに見ないというようなことだけではありません。それも大事ですが、それだけではなく、優先順位を付け大事なところでしっかり注意をするということもそうです。大事なところは「大変な仕事」であることが多いです。

Raoは、やるべきことを「大変な仕事」と「軽い仕事」に分けています。どちらもやるのですが、自分の精神状態に与える影響が違います。逆説的ですが、大変な仕事はしっかりと注意を払わなければならないので、仕事が終わるまでは疲れを感じることはありません。

一方、軽い仕事は、電話番のようなチラチラとチェックをしたり、ここで記事の執筆の手を止めてTwitterを見たりしてもかまわないようなあまり注意をしなくてもいい仕事なので、注意力が散漫になります。

注意力を管理するというのは、注意を薄く散漫にしないことです。1つのこと、限られた範囲に注意を向けることで、1つのところ(もしくは少なくとも数カ所)に精神的なエネルギーを集中させます。時間を管理するのではなく、注意力を管理することで生産性が上がるのです。

Raoは「生産性は何かに費やした時間の長さではない。何かに費やした時間の質のことだ」と書いています。すばらしい考え方ですよね。そう考えれば時間は十分にあります。

Image: VGstockstudio/Shutterstock.com

Source: Quartz

Jaime Green - Lifehacker US[原文

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス