むっちりヒップのグラドル・加納葉月が初DVD 中学生からの悲願「ミニスカでテニス」を達成

しらべぇ

2018/1/29 21:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

ちっちゃなカラダに大きなヒップ、ノリの良い関西弁がキュートなグラドル・加納葉月ちゃんが、ファーストイメージDVD『ほんまに好き!』(ギルド)をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントを、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

■イベント前日は緊張で眠れず


(©ニュースサイトしらべぇ)

記念すべき初DVDは、昨年10月に千葉県で撮影されたもの。

ファーストDVDの感想は「念願かなってのDVDだったので、嬉しいという気持ちと、でもちょっと緊張しすぎて昨日あまり眠れなかったので、色んな気持ちが混ざってます。今日はよく眠れるといいな」と、嬉しさの中に緊張もあったようだ。

■謎のアイテムの使い方は見てのお楽しみ


(©ニュースサイトしらべぇ)

台本や撮影の流れなど、一から慣れるのには時間がかかったという本作だが、「旅館とか体育館とか、結構色んなシチュエーションで撮っていただいたので、私自身も飽きることがなく楽しむことができました」と、楽しい撮影だったようだ。

中でも一番印象に残っているのは夜ベッドのシーンで、

「露出的にも衣装的にも一番攻めの姿勢になってると思うんですよ。プラス、色んなアイテムが出てくるんですよ。アイテムが何かは見てからのお楽しみなんですけど『あ、こういう風に使うんやなぁ』みたいな(笑)」と、何やら思わせぶりな発言も飛び出した。

■中学時代からの悲願を達成


(©ニュースサイトしらべぇ)

中学時代は軟式テニス部に所属していたという葉月ちゃん。そこには厳しすぎる掟が存在していたそう。

「番手が下の人はスカートを穿けないっていうルールがあったんですけど、私があまりにもヘタクソすぎて、テニス部やのにずっと膝丈のズボンやったんですよ」と悲しい告白。

しかし、本作にはなんとミニスカートで球技をするシーンが収録されており「競技は違っても、念願かなって短いスカートでスポーツができたので満足です」と満面の笑みを見せた。

■お尻の悩みをついに克服


(©ニュースサイトしらべぇ)

グラビアを始めるまでとある悩みをずっと抱えていたという。

「今まで23年間拒み続けてきたんですが、撮影で白パンツを着させてもらってようやく克服できたんですよ。じつは身長が小さいのにお尻が大きいのがずっとコンプレックスだったんですけど、グラビア界に入ってやっとプラスに捉えることができました」と告白。

■特技の変顔は必見!?


(©ニュースサイトしらべぇ)

本作の自己評価を尋ねると「そうやなぁ、80点にしよう。100点満点て言いたいところなんですけど、100点って言っちゃうと私満足して頑張らないタイプなので、『あと20点頑張れよ』っていう気持ちも込めて80点で」と答えた葉月ちゃん。

そんな彼女のチャームポイントは、先程も紹介した身長の割に大きいお尻と、名前にかけた“ハヅキーボイス”。ちなみに特技の「人をイラつかせる変顔」については、ぜひ動画にてご覧いただきたい。

(©ニュースサイトしらべぇ)

【加納葉月(かのう・はづき)】

1994年10月21日生まれ/T152・B82(D)・W55・H81/血液型:O型/兵庫県出身/趣味:格闘技観戦、テニス/特技:人をイラつかせる変顔、歌

・合わせて読みたい→「結構Sキャラ」のHカップグラドル・本多希 ラストシーンでは「手ブラ・手パン」も披露?

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス