結婚式のドレス、2着目は何色を着る?最近は“オールホワイト”という選択も

Life & Beauty Report

2018/1/29 21:00


ウェディングドレスといえば「純白」。でも、お色直し後の2着目はカラードレスで華やかに演出するのが通例ですよね。

「結婚式の2着目は、何色にしようかな」と想像をしたことがある女性は多いと思います。

ホワイトドレス

全国でウェディングプロデュースを手がける株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(以下、T&G)は、約500名のウェディングプランナーへの調査を実施。そこで、2着目のドレスの人気色ランキングが判明しました。

気になる結果とともに、近年のウェディングドレスやカラードレスのトレンドをお届けします。

2着目のドレス、全国人気No.1色は「ピンク」

T&Gが2017年9月に全国のウェディングプランナーさん約500名に対して行った調査によると、新婦さんの2着目の衣装の人気色No.1は「ピンク」で37.1%、2位は「水色」で24.1%、3位は「黄色」で9.8%という結果になりました。

やはりピンクの人気は強いですね。いずれも、淡くて華やかな、新婦さんらしい色合いが人気のようです。

graph※インターネット調査・T&G、BWウェディングプランナー478名・2017年9月13日(水)~9月28日(木)

関東では2着目も「白」を選ぶのがトレンドに!?

ホワイトドレス

一方、この調査結果を関東地域だけに絞ってみると、1位「ピンク」、2位「水色」は変わらずでしたが、3位にはなんと「白」が選ばれていたそう!

白は1着目というイメージがありますが、2着目まで白というのは意外ですよね。

この調査結果について、T&Gのドレスショップ「MIRROR MIRROR」担当の佐伯有理さんは、次のように話します。

「白が上位にランクインしているのは、トレンドやデザイナーの個性によって、幅広いラインナップのホワイトドレスが、日本のショップにも多く並ぶようになったことが大きな要因と思われます。

例えば、挙式では王道のAラインやボリュームラインのウェディングドレスを着て厳かに演出し、パーティでは動きやすいスレンダーラインのドレスや、背中が大きくあいているような後ろ姿がドラマティックなウェディングドレスにお色直しをするなど、ドレスのラインや素材感でガラッと印象を変え、変化を楽しむ花嫁様が増えています」とのこと。

あえてのオールホワイトという選択肢もありそうですね!

アラサー女性に人気の、ウェディングドレストレンド

白ドレス

近年、アラサー女性たちの間では、どのようなウェディングドレスが人気なのでしょうか。佐伯さんに、近年のトレンドを教えていただきました。

「アラサー女性のような大人女子は、自分の好みやスタイルが確立されています。ウェディングシーンでも、自分らしいスタイルで臨む花嫁様が多くいらっしゃいます。
例えば、シンプルを極めた装飾のないシルクの上質な素材や美しいカッティング、シルエットを活かした洗練されたドレスはトレンドといえます。

スレンダーなシルエットやシンプルAラインのドレスのアクセントとして、袖元がベルの形に広がっている『ベルスリーブ』や、両肩にリボンのある『リボンショルダー』、両肩を出す『オフショルダー』などにより、個性を演出するドレスも人気です」

ウェディングドレスは、1着目、2着目ともに、自分らしく洗練されたものが選ばれているようです。

ぜひ、トレンドはおさえつつ、あなたらしい魅力が存分に伝わるドレス選びをしてくださいね。

【取材協力】
※株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ

(LBR編集部)

あなたにおすすめ