最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

登坂淳一「テレビ復帰」の崖っぷち戦略があった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この4月からのフジテレビ報道番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が決定していた元NHKの人気アナウンサー登坂淳一が、急きょ降板することになった。

引き金となったのは、1月25日に発売された「週刊文春」。記事によると、登坂アナはNHK札幌放送局在籍時の2011年6月、酒席で契約キャスターの女性の体を触るなどの性的ハラスメント行為を行なったという。この一件は札幌放送局内に報告され、登坂アナは厳重注意を受けたと伝えられた。

この報道を受けて登坂アナは「身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではありますが、大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました」とコメントした。

登坂アナの主戦場は報道畑。しかもフリーになったばかりである。性的ハラスメント問題は致命傷になりかねないが、復活の見通しはあるのか。

「身に覚えのないことが多いのであれば、文春の報道を否定して、既定路線のままニュース番組のMCの座に就くのも1つの方法でした。自ら降板したことで、ある意味、ハラスメントを認めたと取られることもあり、報道番組での活躍は難しくなった。別の見方をすれば、“文春砲”の第2弾を防ぐために早めに降板したとも考えられます」(芸能ジャーナリスト)

一方、路線変更による“テレビ復帰戦略”を勧めるのはエンタメ誌記者だ。

「しばらく冷却期間をおき、バラエティ番組のコメンテーターとして復活する目はあるでしょう。例えば“イクメン不貞”の宮崎謙介元衆院議員、“アパ不貞”の袴田吉彦らは、不祥事をネタにしてバラエティ番組での需要が高まっている。登坂アナも過去に過ちがあればそれを素直に認めたうえで、それをバネにコメンテーターとして活躍の場を少しずつ開拓していく手があるのでは」

人生、何が起こるかわからない。

(石田英明)

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス