最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

北斗晶「私が唯一できることは」 続く言葉に、胸が熱くなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年1月29日に放送されたトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)。

元プロレスラーであり、タレントの佐々木健介さんと北斗晶さん夫婦がゲスト出演し、近況を語りました。

子育てしながらも、働き続けた意味

2人の息子さんを育てた、佐々木さん夫婦。北斗さんは、長男を出産後も、育児をしながらプロレスラーとしてリングに上がり続けていました。

当時、出産を機にプロレスラーを辞める人は多かったといいます。

結婚するんだったら、辞めるしかないと思っていたんですけれども。

やっぱりパイオニアに誰かがならないと、ちょうど時期的にも女性が社会進出して、子育てしながら、働く時代だっていう感じになってきていたので。

私も、自分の身体さえきちんとしていれば、絶対に闘うことは出産してもできるというのを、見せたかったので。
徹子の部屋 ーより引用北斗さんは、出産後も変わらず現役として活躍する姿を見せることで、後輩たちに新しい可能性を示したのです。

元気な姿を見てもらうこと

北斗さんは、2015年に乳がんの手術を受け、いまも治療を続けています。

家族一丸となって、がんと向き合った日々を振り返り、佐々木さんは次のように語りました。

その時はもう、僕が落ち込んじゃいけないなと思っていたので。

僕が元気でいないと、やっぱりすぐ、察するじゃないですか。

なので、僕が元気でいようと思いましたね。
徹子の部屋 ーより引用その言葉を受け、北斗さんは、佐々木さんに対し何より感謝していることは「元気でいてくれたこと」だと述べました。

子どもたちも含め、いつもと変わらない態度で接してくれた家族の存在に、救われたようです。

北斗さんは、今後、がんについての講演会などをする考えはないことを明言。「医学的なことに関しては素人なので何もいえない」と前置きした上で、次のような思いを明かしました。

私が唯一できるんだとしたら、「見て、元気だよ!」っていうのを、同じ病気のかたたちに見ていただけたらな、って。この元気な私を。
徹子の部屋 ーより引用TVを通して元気な自身の姿を視聴者に見せることで、同じような立場の人たちを勇気付けたいと考えた北斗さん。

そんな北斗さんを見て、「いまはただ、笑っていてくれることが嬉しい」と、佐々木さんは笑みをこぼしました。

番組のラストに、「笑顔に勝るものはない」と力強くうなずいた2人。夫婦のやり取りに、ネット上では感嘆の声が相次ぎました。

・2人共、始終ニコニコとしていて、幸せそうでよかった。

・明るくて仲よしで、素敵な夫婦。あんな風になりたい。

・いろいろなことを乗り越えてこその、笑顔だと思う。尊敬する。

2018年に、結婚23年目を迎える2人。これからも、夫婦そろって明るい笑顔を、たくさん見せてください!


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス