最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

遭遇!“インスタバエ(蠅)”迷惑エピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年の流行語にもなった「インスタ映え」。人々がスマホをあちこちに掲げて、ベストショットを求めています。「いいね」をもらうために素敵な写真を撮ろうとするのはいいものの、夢中になりすぎてその行為が迷惑になっていることも。
TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の1月17日(水)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなが、「インスタ映え迷惑エピソード」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。



まずはこんなエピソード。

「鎌倉に行ったときのこと。女の子たちが昔ながらの街並みを浴衣で歩いているのは微笑ましいのですが、狭い道幅びっしり広がって自撮り棒で何度も撮り直し……。本人たちは楽しそうで、自分たちのせいで道が通れなくなっていることに気づいていません。これがインスタ映えってやつか、とあきれました」(30代・男性)

「某テーマパークで、前を歩いていた女性グループが突然しゃがみこんで、自撮りをはじめました。バックの景色を入れたい&周りに誰もいない状態で撮りたいらしく、しゃがみこんで撮っては失敗したのかまたやり直し。撮り終わるまで通れないし、納得いかないのか何度撮っても終わらないしイラッとしました」(30代・女性)

多いのはこのような「道をふさぐ」エピソード。写真を1枚撮るだけならまだしも、「インスタ映え」は作品のクオリティも重要なため時間をかけて何度も撮りなおすことも。待たされている方はイライラしてしまいますね。たかみなも「迷惑をかえるのは良くないです!」と同意していました。

「展望台で、たくさんの人が並んで撮影を待っているのにポーズを変えて撮影しまくりのインスタ軍団。後ろで待っている人は全員あきれ顔なのに気にしている様子もなく……。自分たちのことしか見えてないのが問題だと思う」(30代・男性)

「動物園のふれあい広場で、嫌がる動物をむりやりおさえつけて長い時間撮影していた集団。いくらふれあい広場といっても動物の扱いにマナーはある。撮った写真をどうするのか見ていたら、やっぱりすぐにインスタにあげているっぽかった。それで『いいね』をもらって嬉しいの?」(20代・男性)

鹿のいる奈良公園でも同じような光景が見られるそうで、問題提起をしている人もいるよう。動物たちをSNSに付き合わせるのは気の毒です。

「友達同士でランチに行き、料理が全部そろうと『待って! 食べないで!』とストップをかけてくる子。写真を撮ってからじゃないと食べさせてくれない。しかも、撮った後はSNSに投稿するのか、無言でスマホ。何のためにランチしてるの?って思う」(20代・女性)

「これは女子会やってるとあるあるですよね。まず1回撮ろうか、っていう。撮るのは良いけど、その後はお食事を楽しむって、大事ですよね」とたかみな。

「トッピングが有名でフォトジェニックなアイスクリーム屋さんで購入し食べていたら、道行く女の子が無断で私のアイスを撮っていった……。まさか顔まではアップしないと思うけど、インスタ映えしたいならせめて自分で買えばいいのに! あまりのことに唖然として注意もできませんでした」(40代・女性)

人の買ったものまでインスタ映えアイテム! せめて自分で購入したものでお願いしたいところです。

こうした迷惑行為が過剰になり、絶対にやってはいけないことをやってしまう人も。

「観光地の『立ち入り禁止』区域に入っていき、スマホで撮影する人をみかけました。見ていた年配の方が注意していましたが、反省の色もなく。信じられません」(30代・女性)

インターネット上で“インスタ蠅”などと揶揄される迷惑な人たち。もちろんインスタグラムだけではなく、どのSNSでも同じことです。「いいね」をもらうことは趣味のひとつとしてアリかもしれませんが、まずは自分の行動自体が「いいね」されるものなのかどうかを、一度振り返って見なければなりませんね。

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス