二宮和也、SexyZone菊池風磨の尊敬する先輩にズッコケ


1月28日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)では、「ベタ宮和也のベタ研究所」という企画が放送され、テレビなどでお約束の展開が繰り広げられることを指す用語「ベタ」についてVTRを中心に検証し、様々なテーマを取り上げ「ベタ」のルーツを探った。

ベタな罰ゲームは足つぼとものまね!?


番組冒頭、研究所の設定で博士の二宮和也と助手の日本テレビアナウンサー杉野真実が「ベタ」なコントで登場し、ゲストのナイツ・土屋伸之に「何ですか、このクソ寸劇」とツッコミを受ける。

クイズの解答ゲストとして登場したSexyZoneの菊池風磨に二宮は「尊敬する先輩は?」と早速ベタな質問。菊池は「の…」とタメたあと「櫻井翔くんですね」と答え、二宮はかけていた眼鏡をずらしながらズッコケるという、ベタなリアクションをとり笑わせた。

そして次のコーナーでは架空のキャラクターである研究所のロボット、ベタ蔵くんが登場するというこれまたベタな展開が繰り広げられ、バラエティ番組のロケでのベタをどれくらい理解しているかクイズが行われる。

ゲスト陣が考え中に「お客さんにだけ正解を教えましょう」と二宮が言い、観客にだけ先に正解を教えるベタな展開も同時に繰り広げられた。クイズは結局全員不正解となり、二宮は「これは罰ゲームかな。ベタにベタを掛け合わせた、新ベタ罰ゲームをご用意させていただきました」と明かす。

罰ゲームの対象者は菊池に。その内容は「足つぼを受けながらビートたけしのモノマネを披露」。足つぼに悶絶しながらも必死にこなした菊池だが、二宮は「足つぼは足つぼ、モノマネはモノマネの方がいいかもしれないね」と冷静に分析し、スタジオには笑が起こった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ