最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

柴田阿弥、熱い“モーニング娘。愛”を語る「綺麗事じゃなくて本当に毎日頑張れた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハロープロジェクトの現役メンバーが総出演する「Hello! Project 20th Annibersary!!」の名古屋公演が28日、愛知県芸術劇場で行われ、モーニング娘。の結成メンバー5人(中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみ、福田明日香)がサプライズ出演した。

 1月28日は、1998年にモーニング娘。がメジャーデビューしたシングル「モーニングコーヒー」のリリース記念日。結成メンバーが歌う中、2コーラス目からは現役メンバー13人も加わり、新旧メンバーのコラボに会場は大歓声に包まれた。

「緊張はもちろんしてるんですけど、久々の『なっち』というなっちコールがうれしくて。うれしくてうれしくてもうしびれました」と喜びを語った安倍。結成メンバーが揃うのはおよそ19年ぶりだといい「常にライバル意識があったから、仲がいい瞬間があまりなかった気がします」(安倍)、「今が一番仲がいいんじゃないですかね」(中澤)とデビュー当時の思い出も振り返った。

29日放送の『けやきヒルズ』(AbemaTV)に出演したキャスターの柴田阿弥はこのニュースに「やはり変わらない。美しい。神々しい」と興奮交じりにコメント。小学生からのファンとして“モーニング娘。愛”を語った。

「小学2年生の頃に大好きになって。学校があまり好きじゃなくてなかなか馴染めなかったんですけど、キラキラしたモーニング娘。さんを見て、綺麗事じゃなくて本当に毎日頑張れたんです。嫌だなと思うことはいっぱいあったけど、毎日学校に通えたのはこういうキラキラ頑張っている人がいたから。その時自分ははなれないって思ってましたけどアイドルになりたくて、一緒に歌うこととかを想像して頑張れました。そのあと中学生の時にAKB48さんも大好きになって、日々可愛い女の子を見て私もこうなりたいなと頑張れたので、今の私があるんです」

そうして2010年にSKE48に入った後、2016年に同グループを卒業しキャスター・タレントとして活動している柴田。「(卒業後)頑張っていたら、先日『AbemaPrime』で矢口真里さんと共演させていただけました。本人には(ファンであることを)言えなかったですけど、憧れていた方、小さい頃に元気をもらった方、人生を変えてくれた方と同じスタジオで一緒の空気を吸って仕事をするっているのはやっぱり感無量で。モーニング娘。に入るという夢は叶わなかったですけど、諦めなければ形は変わっても一緒に仕事ができるということ、諦めなければ夢は叶うってことをモーニング娘。さんそしてアイドルに教わった。私もアイドル出身として何十年か経った時に人に勇気を与えられるような人になりたい。つまりまとめるとずっと大好きなんです!頑張っている人が胸をうつんです!」と熱い思いを語った。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▼ 次回『けやきヒルズ』は1月30日(火)12時から!「AbemaNews」チャンネルにて放送

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス