マツコ、「幸せ」と言い切る女性を前に自問自答「なんで私はこんなに迷ってるの?」


1月27日放送の「マツコ会議」(日本テレビ系)では、芸能人や経営者などセレブがお忍びで通うという南麻布の高級住宅街にあるパーソナルジムと中継を結び、マツコ・デラックスがトレーニング中の一般利用者と会話しながらその実態を探った。

オーナーの風貌からジムの不可思議さに納得?


中継先のカメラがジムの外観を映すとマツコは「ラブホじゃないの?」と違和感を示す。内部へ進んだ中継先のスタッフが「コンセプトは300年前のヨーロッパの古城」と説明するとマツコは「いや、もっとシンプルに生きていたと思います(当時の)皆さん」と軽くツッコミを入れた。

続いてカメラは洞窟と呼ばれているトレーニングスペースへ。トレーニング中の女性利用者に話を聞くと「職業はエステサロンの経営者。年齢は33歳」だそう。これにマツコは「この番組やってるとみんな若くして(成功してる)。なんで私は45(歳)になってこんな迷ってるの?」と自問し、自分自身を「幸せ」と言った女性利用者に「幸せってハッキリ言えるってどういうこと?幸せですって言い切れるためにはどうしたらいいの?洞窟みたいな面倒くさいジムに通えばいいの?」と問いかけてスタジオと中継先を笑わせた。

次に洞窟コンセプトに対してマツコが「お客様から(クレーム)来ません?もうちょっとシンプルな構造にしてくれって」というも女性利用者は「アトラクション的な感じが好きです。なんかディズニーみたいな」と気に入っている様子。「でも多分あんな無駄に内装とか金掛けてるからその分上乗せされてるわけでしょ?年会費とか入会金とかスゴイんでしょ?」とマイナス面を探るマツコにジムのトレーナーが「入会金は50万円」と答えるとマツコは「ホテルのジムとか考えたら安いか。200万とか取るとこあるもんね」と納得した。

ジム内のワインバーでは元アイスホッケー選手という個性的な風貌のオーナーに遭遇。マツコは「オーナーさん?」と驚き「なんか謎が解けた。おかしな店だなぁと思ったらオーナーさんがおかしかったのね」と続けてオーナーとスタジオを爆笑させていた。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス