『車あるんですけど』3市の境界線に大興奮! 県境ならではのお宝も

しらべぇ

2018/1/29 16:00


(画像は番組公式Twitterのスクリーンショット)

いろんな分野のマニアに1日車を貸し、マニアックなスポットを巡るバラエティ番組『車あるんですけど…?』(テレビ東京系)。28日の放送では、境界マニアたちが超レア境界スポットを巡る。

県境と三市境がある大学や区境がある商店街、県境をまたぐ神社を、イラストレーターの田仕雅淑さん、ライターの西村まさゆきさん、境界協会メンバーの加藤千穂さん、そして、昨年5月に同番組で放送された珍しい県境の旅を見て境界線にハマったタレント・ベック(26)が訪れた。

■三市境がある大学を探索


まず訪れたのは、東京都と神奈川県の境界を有する大学「玉川大学」。ここは、都と県の境界だけでなく、東京都町田市、神奈川県横浜市、川崎市の3つの市が交わる三市境(さんしざかい)の地点もある。三市境は山の中や川の中が多く、歩いて行けるスポットは珍しいそうだ。

境目を示す道に埋め込まれた目印「境界標」を辿ると、三市境の境界標には『町』『横』『川』の各市の頭文字が書いてあった。文字が書いてある境界標は超レアで、見つけたマニアたちは「書いてあるのは見たことない」と大興奮。

Twitterでは、番組視聴者の中にもマニアがたくさんいるようで、実況ツイートには「ここは川崎市の飛び地」と、さらディープな解説をする人も。


■県境あるあるを聞いてみると…


また、学内の敷地は、工学部は横浜市、農学部の一部が川崎市、文学部や教育学部などは町田市と、学部によって市が異なる。

司会のラーメンズ・片桐仁(44)も、地図を確認しながら「すげぇな! キレイに分かれている! ここの学生も知ってんのかな」としきりに驚きのコメントを連発する。

大学職員に県境あるあるを聞いてみると、大学自体は町田市に登録しているため、学内の横浜市エリアから救急車を呼ぶときにも固定電話なら東京消防庁から来るが、携帯電話だと横浜市消防局から来るとの豆知識も。

■区境をまたぐ商店街に突撃


次に訪れたのは、台東区と文京区の区境にある商店街へ。道路を挟んで台東区側は池之端仲町商店会、文京区側は湯島白梅商店会が管理。それぞれ管理が違うので、同じ通りなのに右と左で街灯スタンドが違う。

住所表示プレートの色は台東区が青で、文京区が緑だったり、客引き禁止の注意書きもパッと見は同じだが、管轄の警察署の表記名が違ったり、まるで間違い探しのように細かな違いが見られる。

境界マニアたちは、文京区側の湯島白梅商店会長へインタビュー。商店街のお祭りは5月25日に例大祭をするが、台東区は五条天神、文京区は湯島天神と別々の神社のお祭りをするとの話が飛び出す。

「片方の商店街が静まり返っていたら不思議だもんね」と片桐のコメントにも納得。

■県境に存在する神社を参拝


さらに、茨城県と栃木県の境に位置する「鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)」に向かう一行。境内のど真ん中が県境であり、神様の通り道である階段の真ん中を境界線が通る。

宮司がそれぞれの県にいるが、御本殿の正面が茨城県を向くため、参拝所や賽銭箱は茨城県側にある。しかし、茨城県側の宮司が常駐できないため、原則的に普段の管理をしている栃木県側が賽銭のすべてをいただく。ただし正月三が日のお賽銭は折半しているそうだ。

(画像は番組公式Twitterのスクリーンショット)

また、社務所では、県境神社ならではのレアな「県境御守」を発見。絆を深め、運気を上昇の御利益があるそうだ。

Twitter上では、番組視聴者から境界のいろんな発見について「楽しそう」「行ってみたい」との声が多く見受けられた。







通勤や通学では何気なく通り過ぎることも多い自治体の境界線だが、こうやって注目してみるとおもしろさが溢れていることに気付く。身近な境界線を探して歩いてみるのも、楽しそうだ。

・合わせて読みたい→『YOUは何しに日本へ』漫画家志望YOUが恩師に会う旅でハプニング

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

あなたにおすすめ