最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『西郷どん』ロシアンルーレットで藩主決め 仰天ストーリーに賛否

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28日、鈴木亮平主演大河ドラマ『西郷どん』(NHK)の第4話が放送された。

\西郷どん放送まであと5日!/ なぬ、もうあと5日なのか!? #NHK #大河ドラマ #taiga #西郷どん #せごどん #segodon #西郷どんカウントダウン開始じゃ #渡辺謙 #島津斉彬 #吉之助がほれる男 #衝撃の出会いはさていかに

A post shared by 大河ドラマ 「西郷どん」 (@nhk_segodon) on Jan 1, 2018 at 6:45pm PST


■これまでの『西郷どん』


薩摩の武士・西郷吉之助(鈴木)は年貢の徴収を行う役人の補佐役をつとめていた。しかし、農民たちの生活は苦しく、年貢が払えずに借金を重ねてしまう者もおり、吉之助は自分の無力さを噛みしめる日々。

斉彬(渡辺謙)は意を決し、幕府の実力者で老中首座の阿部正弘(藤木直人)と近づき、父・斉輿(鹿賀丈史)を隠居に追い込もうとするが「お由羅騒動」が勃発する。

■赤山が切腹も斉彬が藩主に


斉輿と由羅(小柳ルミ子)によって島津家の重臣・赤山靭負(沢村一樹)に切腹の命令がくだる。

赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、吉之助もその最期に立ち会うことに。

さらに処罰は大久保家にも。大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)が島流しとなり、正助自身も謹慎処分となってしまったのだ。

しかし、吉之助の努力がようやく実を結ぶことに。斉彬を動かし、斉輿を隠居させることに成功したのだ。

嘉永4年、斉彬は第11代薩摩藩主となりついにお国入り。

■仰天! ロシアンルーレットで藩主決め


そんな第4話でもっとも視聴者の注目を集めたのが斉彬と斉輿が相対したシーンだ。

斉彬が「天の声を聞くことにしましょう」と言うと銃弾が一発だけ入ったアメリカ製のリボルバーを取り出し、「生き残ったほうが藩主になる」という斬新なスタイルのロシアンルーレットを始めたのだ。

自分の頭に撃った斉彬は幸いにも空砲。斉輿は恐怖と斉彬の執念に負けることに。

■ネットでは賞賛の声多数


この驚きの展開に視聴者から仰天&驚嘆が相次ぐ結果に。










■一方、困惑の声も


賞賛の一方で「展開についていけない」「萎える」など困惑の声も少なからず見られる。









もっとも、薩摩島津家には「肝練り」と呼ばれる、火縄銃を天井から吊るしてそれを囲み、火を付けて回転させ発砲に身を任せるという風習があったという説もあり、ツイッタラー上では「今回の演出はそれが元ネタなのでは?」という声も。

史実と大きく異なるストーリー展開が放送開始より指摘されている『西郷どん』。しかし、「細かいことは気にせず、名優の鬼気迫る熱演を楽しむ」というのが本作においては正しい楽しみ方なのかもしれない。

《これまでに配信した『西郷どん』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『西郷どん』本来は重罪? カジュアルな脱藩に慣れすぎて戸惑う大河クラスタ

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス