最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

インスタ映えにもインスタ萎えにも応用できる? 山田ゴメス記者が被写体の立場から考える「相性の良いカメラマン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ネット版のFLASHによると、写真家の蜷川実花と歌手の福山雅治が、1月5日放送の「『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』×福山雅治『ウタフクヤマ』合体新年会SP」に出演し、写真を“撮る側”と“撮られる側”の心情について語り合った……らしい。その対談の一部を抜粋してみると、以下のようなものであったという。

福山:撮りたくない人はいるんですか?

蜷川:撮りたくない人はいないですけど、でも「どうしても合わない人」っていうのは、やっぱり何年に一人はいますね。

(写真家としても活動している)福山:写真家にとって合わない被写体とはどういうことか?

蜷川:私は言葉でのせるとかあんまりやらないので、信頼関係ができていないといい写真ができない。私がどう思っているか、写る方がどう思ってくれるかが、すごく写るんです。だから、どうしても合わない人はたまにいる。

(過去の蜷川との撮影を振り返りながら)福山:(でも)いっぱい褒めてくれたじゃないですか。

蜷川:それは心から出ちゃってるんです。「うわ~かっこいい」っていうのがボソボソ聞こえてるんだと思う。

(本記事を読むかぎり)終始褒め殺しな感じのやりとりではあるけれど、カメラマンと被写体とのあいだに生じる「合うor合わない」といった“相性”ってヤツは、蜷川氏がおっしゃるとおり、たしかにある!

……ってなわけで、今日はワタクシ山田ゴメスことゴメス記者が“被写体”の見地から、「撮る側と撮られる側の相性」について、あれこれと考えてみたい。

一応、「メディアで顔出しできるライター」として、幾度も「写真を撮られてきた」ゴメス記者だが、そんな数々の“出会い”のなかから、「もっとも僕のことを上手に撮ってくれる」と全幅の信頼を寄せているカメラマンは、現在の時点で二人いる。

一人は、この日刊SPA!のプロフィール写真も撮ってもらった男性カメラマンのM氏で、僕がカッコイイとイメージしている自分自身を、ほぼ100%再現してくれるタイプである。しかも、その「カッコイイ」のなかに、ついクスッとしてしまう“笑い”の要素をほんのり盛り込みたいときは、阿吽の呼吸でちょっぴり“カッコイイ”の王道をズラしてもくれる。そして、そのズレの「ちょっぴり」の振り幅に、抜群のセンスと、彼の僕に対する愛(※ゲイってわけではない)をかいま見ることができるのだ。

女性カメラマンのN氏。彼女の場合は、前出のM氏とは真逆のアプローチで、僕がキメ顔をキメた瞬間から半拍置いたタイミング、つまり「すっと気を抜いたスキ」にシャッターを切る。したがって、上がってきた写真は「僕が一番他人に見せたくない表情」ばかりで、どれもこれもが正直「カッコイイとイメージしている自分自身」とはほど遠いショットばかりだったりする。

だが、“他人”に言わせると、彼女が撮った“ゴメス”は「あ~! 超ゴメちゃんっぽい!!」と大好評──いわゆる、まごうことなき“等身大”なんである。

被写体の“嫌な部分”を引き出すのは、類い希なる“才能”であり、その才能は「被写体に対する“悪意”という名の愛情の裏返し」だと僕は信じているのだが(笑)、いずれにせよ「インスタ映え」に続く「インスタ萎え」なるダメダメ写真が流行る気配のただよう今年、キメ写真だけではなく、こういうダメダメ写真を得意技とするカメラマンを有しておくことは、素人玄人を問わず、大きなアドバンテージとなるのではなかろうか?

【山田ゴメス】

1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス