世界興収1,420億円超『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が『アナ雪』超えで歴代9位に 日本でも興収70億円、動員数470万人を突破

SPICE

2018/1/29 15:50


公開中の映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の世界興収が1,420億円を突破したことがわかった。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はスペース・オペラ『スター・ウォーズ』シリーズの第8作目にあたる最新作。一昨年2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編で、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で主人公・レイ(デイジー・リドリー)がルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)との出会いを果たしたのちの物語が描かれる。


2017年12月15日に各国で封切られた同作は、公開約1ヶ月間で全世界興収12億6,494万ドル(約1,390億円)を超え、歴代興行収入ランキングで『美女と野獣』を抜いて歴代10位にランクイン。世界興収13 億 1,142 万ドル(1429億4541万4489円/1ドル109円換算/Box office mojo 調べ 1月28日 現在)に到達し、『アナと雪の女王』を超えて世界歴代9位にランクインしている。

また、日本でも公開から5週連続で興収No1の成績を収めた同作。7週目の現在もトップ10内をキープし、さらに1月27日・28日の週末2日間で動員6万9,773人、興収1億05,85万2,600円を記録。前週末対比で74%以上の成績で推移。45日間で国内累計興収7,0億52,22万6,400円、動員数4,76万945人を記録している。

日本での1月13日、14日の週末興行収入は2億6,59万5,200 円 動員数は14万2,290人で、封切りから5週連続で動員数首位を獲得している。なお、国内累計興収は65億38,39万1,400 円、累計動員数は440万8,671 人に達している(※1月14日 までの成績/興行通信社調べ)

なお、同作は先日発表された第90 回アカデミー賞(R)のノミネートでは視覚効果賞、作曲賞、録音賞、音響編集賞の計4部門で候補にも挙がっている。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は公開中。
作品情報
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

監督・脚本:ライアン・ジョンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

あなたにおすすめ