福士蒼汰&古川雄輝らの着物姿に900人が熱狂!怪我はねのけた役者魂も明らかに

Movie Walker

2018/1/29 15:35

唐々煙の人気コミックを映画化した『曇天に笑う』(3月21日公開)の“曇天祭り”プレミアイベントが1月29日に東京都港区の増上寺で開催され、福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、若山耀人、本広克行監督が出席。キリリとした和装姿を披露し、集まった約900人から大歓声を浴びた。

本作は明治維新後の滋賀県を舞台に、人に災いをもたらす大蛇の力を阻止するために立ち上がった曇天三兄弟の戦いと強い絆を描く物語。この日は、和太鼓バンドGOCOOによるパフォーマンスとともに、キャスト陣が曇印の特製山車に乗って登場。観客におひねりとなる飴玉を投げ入れるなど、お祭りのような雰囲気たっぷり。キャスト陣も楽しそうな笑顔を見せていた。

三兄弟の長男・曇天火役を演じた福士は、「現場に入った瞬間から、優馬と耀人が弟でいてくれた。2人が兄にしてくれた」と弟を演じた中山と若山に感謝しきり。中山も「福士くんは身長も大きいし、イケメンやし。最初に会ったときから“兄貴!”という感じでした」と語るなど、兄弟としての絆をしっかり育んだ様子。

福士は、下駄を履いての激しいアクションにもチャレンジしている。ほぼノースタントだったこともあり、「下駄は大変でした。試行錯誤しながら挑みました」と苦笑いを見せた福士。「生傷はありますが、安全第一のもとやっていたので、大きな怪我はなかった」というと、本広監督が「え!ヒビ、入っていたよね…」と暴露。足の小指にヒビが入ってしまったそうだが、福士は「ご迷惑をかけた点もあったかもしれない。動き的には問題なくできました」と役者魂あふれるエピソードを語ってくれた。

イベント同様、撮影現場ももちろん男性だらけとなった本作。福士が「本作のヒロインは優馬だと思っている」と中山を見つめると、中山は「そうよ」と茶目っ気たっぷりに答え、会場も大爆笑。古川によると「同世代の男だらけなので、仲良くワイワイやっていた」そうで、大東も「休みの日も一緒にいた。UNO(ウノ)をやっていた」、小関も「UNOが心の支えだった」と続くなど、男子校さながらの楽しい撮影現場となったことを明かしていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

https://news.walkerplus.com/article/135552/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス