最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ユニコからハローキティまで!”80年代のカワイイ”イベント開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ブラック・ジャック」など、数多くの名作を作り出したマンガの神様、手塚治虫。そんな彼が5歳~24歳までの多感な時期を過ごした兵庫県宝塚市にあるのが、宝塚市立手塚治虫記念館。マンガの神様の軌跡や関連品を広く展示・紹介している、ファンにとって聖地と呼べるスポットだ。

現在、企画展として行われているのが「’80sガーリーコレクション~“カワイイ”は時間(とき)を超える~」。80年代の“カワイイ”にスポットを当てたイベントだ。

80年代の日本は空前の好景気に沸き、新しい流行やカルチャーが続々と誕生。”新人類”なる言葉が生まれるほど、価値観が大きく変化した時代。なかでも可愛らしいキャラクターたちがプリントされたファンシーグッズが大ブームとなった。

この企画展では、昭和ガーリーカルチャーを懐古・発信するブログ「昭和的ガーリー文化研究所」で人気を集める、ゆかしなもん氏の協力を得て、氏が保有する1000点を超えるコレクションからセレクトした当時のグッズを展示。手塚作品からは、「ユニコ」を展示し、昭和ガーリーファンシーの魅力を懐かしくも新鮮に感じ取ることが出来る内容となっている。

サンリオのハローキティが誕生したのが1974年。80年代にはその人気は不動のものとなり、けろけろけろっぴやハンギョドンなど、新しいキャラクターが次々と登場する。可愛らしいキャラクターがプリントされたペンケースや消しゴムに、少女たちは夢中になった。少女の心に戻って、展示を楽しんでみては?(東京ウォーカー(全国版))

https://news.walkerplus.com/article/134947/

外部リンク(Walkerplus)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス