『イッテQ』宮川大輔、生牡蠣大食いで「キラキラ」 健闘称える声相次ぐ

しらべぇ

2018/1/29 15:30


(画像はInstagramのスクリーンショット)

日曜夜の大人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。

28日の放送では、お笑いタレントの宮川大輔が担当する月例企画『世界で1番盛り上がるのは何祭り?』がオンエアされたのだが、宮川が久しぶりに画面を「キラキラ」させたとして、インターネット上で話題となっている。

■日本人にはキツい「剥き身の生牡蠣」


今回宮川が参戦した「お祭り」は、米国・フロリダ州にある港町、アパラチコーラで開催される「牡蠣祭り」。アパラチコーラは牡蠣の名産地であることから、半世紀以上にわたって「地元産生牡蠣の大食い大会」が定期開催されているのだという。

これまでにも大食いのお祭りでは健闘している宮川。牡蠣は好物食材でもあり、表彰台の期待がかかるものの、やはり「食あたり」への不安が払拭できない。

大会関係者は「新鮮なものを扱っているから大丈夫」と説明しつつも、「過去に病院へ搬送された人は少なくない」ことも明かした。

さらに、競技用の牡蠣は当日の朝殻から外された「剥き身」の生牡蠣。日本でも剥き身の生食用の牡蠣は販売されているが、「加熱用」の印象が強い宮川は「鍋用の(牡蠣)を生でいってる感じ…」と、事前練習で抵抗感が否めないことも吐露していた。

■救世主「ポン酢」で129個を平らげるも…


迎えた大会当日。競技用の牡蠣は、1カップに36個入っており、15分間で食べた牡蠣の個数で優勝を争う。因みに、昨年度の優勝記録は15分で190個だ。

宮川は、味変調味料として「ポン酢」の使用を認めてもらい、前年度チャンピオンを凌ぐ勢いで快調に食べ進めていく。しかし、2カップ目を食べ終えたあたりから宮川に異変が。

時折一点を見つめながらフリーズする、彼特有の「キラキラの予兆」が見え始めたのだ。

案の定、宮川は129個目を食べ終えたところで3度にわたりキラキラが放出(嘔吐)。結果、宮川は失格となってしまったものの、ポン酢を片手に健闘する日本人を見守っていた会場からは、盛大な拍手が贈られた。

■「新年初キラキラ!」健闘を称える視聴者たち


宮川の健闘を「キラキラ加工する」という演出で盛り上げてきた同番組。視聴者からも、宮川の健闘を称える声が相次いでいる。









中には、「キラキラで加工されていても苦手」といった声もあがっているものの「生牡蠣を129個も食べられるなんてすごい!」といった声や、「元気をもらった」という声が目立つ。

宮川の限界を突破する挑戦は、多くの人に影響を与えているようだ。

■牡蠣はあたるとトラウマに…


しらべぇ調査によると、以前「トラウマになった食材」について調査した結果、「牡蠣」はホヤや肉類を凌ぎ2位にランクイン。

《トラウマになった食べ物トップ5》

1位…納豆

2位…牡蠣・生牡蠣

3位…肉類

4位…トマト

5位…魚

「酷い食あたり」を経験した人から「また気持ち悪くなると思うと食べられない」という体験談も寄せられた。ちなみに、宮川は大会中にほぼ全量をキラキラとして放出しているため、食あたりの心配はなかったもよう。今後はキラキラではなく、表彰台を期待したい。

・合わせて読みたい→『イッテQ!』に嵐・松本潤の出演決定 「泥まみれの予告編」に期待の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス