最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

GENKING「女として0からのスタート」- 性別適合手術で「生きやすく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントのGENKINGが29日、自身のブログを更新し、性別適合手術を受けたことをファンに報告した。

GENKING

この日放送されたフジテレビ系『ノンストップ!』で、昨年5月に性別適合手術を受けたことを告白したGENKING。ブログでは改めて「私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。しばらく芸能活動をお休みしてた理由はそのためです」と伝えた。

芸能界デビューした当初はカミングアウトする予定は全くなく、自分でも整理がつかないままテレビ出演し、約2年間仕事をしたという。「幼い頃からの偏見や言葉のイジメを思い出す暮らしの中で、自分を守る為に“ユニセックス系”と偽る事が、唯一自分を守る方法だった」とし、「そんな辛かった記憶も、幼い頃からの夢であった芸能界に入ることができ、人気が出たら全てが報われ、幸せになれると思っていた」と当時の思いをつづった。

だが、“性別”の悩みは消えることはなく、強くなる一方だったとのこと。「イジメや偏見が怖くて、自分を“ユニセックス系”と偽ることで、余計に本来の自分と芸能人GENKINGとの差が広がっていきました」と明かし、「プライベートでは『ワタシ』と言っていたし、スカートやワンピースも着ていたけど、テレビに出る時はユニセックス系の服装や『ボク』と言ってみたり... とにかく今振り返って思う事は、全てにおいて無理をしていたなと」と振り返った。

さらに、「当時の私は長生きなんか望んでいなく、いや望んでいないというより、こんなに辛いならむしろ生きてくのが怖いって感じかな」「それくらい私は辛かった。とにかく満たされない日々が生きるほどに苦しくなりました。平気なフリをしてる毎日が限界だった」などと打ち明け、「それまでお世話になった事務所を辞める決意をし、本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました」と性別適合手術を決意した経緯を説明。「そして、私は生まれ変わった。感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚」とつづった。

手術を終え、「不思議なんだけど、目が覚めてから“元輝”の人生は自分の人生とは思えないというか、もう新しい人生が始まっていて、双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか…幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました」と心境も変化。「今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます。仕事、プライベート、恋愛。“女”として全て0からのスタートです」と宣言した。

「男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して私と同じ悩みを持った人たちが、少しでも前向きになれるキッカケになりたい」と思いを伝え、「これから、“沙奈”(芸名:GENKING)として頑張っていくので、見守って頂けたら嬉しいです」と呼びかけた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス