木村文乃『99.9』で“カエルと会話” 真相明かす舞子が可愛い

TBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』で主人公の弁護士・深山大翔(松本潤)が所属する斑目法律事務所法務部刑事専門ルームに新メンバーとして加わったのが尾崎舞子だ。元裁判官の弁護士でどこか陰のある彼女は、ひとりで手で作ったカエルと会話するところを深山に気づかれてしまう。1月28日放送の第3話では深山から追及されてついに“カエルと会話”の真相を語った。

木村文乃演じる尾崎舞子は裁判官時代に判決を下してきたが、弁護士となってそれが本当に正しかったのか疑問を持つようになる。第3話ではかつての先輩・山内徹(松尾諭)が裁判官を務める法廷で弁護士として再会し、法廷外で彼に裁判の在り方を問いかける。

そんな真面目で固いイメージがある一方、両手の指でカエルの形を作って「おい! お前がやりたいことはなんだ?」などと会話する姿はお茶目に見えながら、ある意味深い闇を感じさせる行動だろう。深山が遠慮なく「何やってるの?」と聞いたことで救われた。

彼女はしまったというリアクションをすると恥ずかしそうに机に伏せながら「学生時代に腹話術部に入っており、そうやって練習をしていたのが癖になり抜けない」のだと明かす。刑事専門ルームのメンバーがその真相にドン引きしたりウケるなか「ああー」と再び机に伏せて照れる姿が可愛い。

パラリーガル・藤野宏樹役のマギーは28日、第3話オンエア前に『マギー(ジョビジョバ リーダーのほう)(u_1_gp)ツイッター』で「MJの呼びかけで、お正月休みを返上して役者たちでリハーサルをした刑事専門ルームのチームワークも必見です。みんながバズる小ネタもマシマシ!」とつぶやいている。

今回は刑事専門ルームが、殺人容疑で捕まったジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)の事実を確かめようと動く。当初は深山のやり方に馴染めなかった尾崎舞子も次第に共感するようになるが、おやじギャグは笑えない。そんな彼らのやりとりが松本潤の呼びかけでリハーサルした成果だと考えると微笑ましい。

ちなみに小ネタでは、ゲストの宇崎竜童が演じるジョーカー茅ヶ崎の入廷シーンで『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)のBGMが流れ、宇崎が目撃者・石川敦子(安達祐実)の彼氏に向けて「あんたあの子のなんなのさ?」と指さすシーンがあった。

また、安達祐実演じる石川敦子が自室のベッドで眠っていて頭を凶器で殴打される寸前、寝言で「同情するなら…」と口にするところなど、豪華ゲストによる小ネタもあるので目が離せない。

画像は『日曜劇場「99.9 SEASONII」の愉快な仲間たち 2018年1月28日付Instagram「尾崎舞子役の木村文乃です。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス