最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

子どもがご飯を食べない時どうしてる?原因とオススメの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「子どもには、バランスのよい健康的な食事を食べさせたい」と願うのが親心というもの。でも、なかなか食事が進まなかったり、「料理がおいしくないのかな?」と思い悩んでいたりしているママも多いのでは? そこで、子どもがご飯をパクパク食べてくれる秘訣をまとめてみました。
子どもがご飯を食べてくれない時は?

食べてくれない原因
まだ十分にお腹が空いていなかったり、眠かったり、食事よりも遊びに興味があったり……。子どもがご飯を食べてくれない理由は、単に好き嫌いだけではありません。今までの生活サイクルを改めて見直して見たり、食事中に子どもが気になるおもちゃは片付けておきましょう。

ただし、あまりにも食べずに痩せすぎが気になる場合は、病気のケースも考えられます。かかりつけの医師に相談してみましょう。
【年齢別】食べてくれない時の対処法
1歳児の場合、飲み込むのがまだ上手ではありません。食材の硬さ・大きさをチェックして、子どもが食べやすい形状であるか見直しを。また、「いつもと違う食器やスプーンを使ったら食べてくれた」という子もいるようです。

イヤイヤ期と重なる2歳児は、自己主張が出てきて食べさせるのに苦労するママも多いでしょう。手づかみ食べしやすい生野菜のスティックや、おにぎりなども取り入れてみましょう。おにぎりは崩れやすいので、丸い形より子どもの口の大きさに合わせた棒状のもがオススメです。また、最初から量を少なめに盛り付け、「全部食べられたね!」と褒めてあげることで、子どもに達成感を味合わせてあげる方法もあります。

すでにいろいろな味を経験している3歳児は、食事よりおやつを食べたがったり、自分の好きなものしか食べなかったりと、その悩みも複雑化。「お手伝い」や「楽しむこと」をキーワードに、野菜の型抜きを手伝ってもらってデコレーションしたり、子どもと一緒にラップでおにぎりを作ったり、仕上げにケチャップをかけてもらったりと、楽しみながら食事への興味を高めることがポイントです。
ご飯を食べてくれない子どもの対処法

ご飯をモリモリ食べる?マル秘テクニック
では、子どもがご飯をモリモリ食べてくれるには、どうしたらいいのでしょうか? 先輩ママたちが工夫した点や、簡単レシピを調べてみました。

●肉や魚は子どもが食べやすいように小さく切り、片栗粉などでとろみをつけて喉越しをよくした。

●鍋モノは、忙しいママの味方。一品で簡単なのにバランスよく食べられるし、汁物にもなる。

●おやつは補食と考え、蒸したさつまいもやじゃがいも、りんご、みかんといった野菜・果物にして栄養バランスを整えた。さつまいもやじゃがいもは、お米を炊くときに一緒に炊飯器に入れて炊けば、簡単に蒸せて一石二鳥!

●卵焼きに一工夫。みじん切りにした緑の野菜とチーズや塩抜きしたしらすを入れれば、栄養もバッチリ! 色合いもきれいでオススメです。

●野菜や果物など、食に関する絵本はオススメ。その食材を使った料理を出したとき、「にんじんさん、あの絵本に出てたね!クマさん、おいしそうに食べてたな~」と、子どもに興味を持たせるきっかけになります。

●お弁当を作って公園でピクニックをすると、いつもと違った雰囲気がいいのか、子どももよく食べてくれました。ママの気分転換にもなりますよ。
親の笑顔で子どもが食べる?
食事中、つい子どもに向かって「早く食べなさい」「どうして食べてくれないの!」とイライラしていませんか? それでは、せっかくのおいしい食事も台なし。子どもがご飯を食べてくれない原因のひとつになっているのかもしれません。食事は、親子そろって楽しい気分で食べることが大前提。そのためには、毎日の生活に余裕を持って過ごしたいものです。「ときどきはレトルトのベビーフードに頼ってみる」「朝ごはんは前日の夜に準備しておく」「食事バランスは3日間のうちに帳尻が合えばよしとする」というように、自分なりに気持ちが楽になる方法を探してみましょう。子どものために! という気持ちが裏目に出て、神経質になりすぎないことが大切です。
まとめ

子どもが食べてくれないと、「大きくなれないのでは?」と不安になることも多いことでしょう。まずはその子の食べ方を見極めることや、普段の生活リズムを整え楽しく食事をすることが大切。また、自分が子どものころの話を親から聞いてみたり、公園や児童館などで先輩ママたちから話を聞いてみたりして、自分の子どもに合った対処法を模索してみてくださいね。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス