最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

関ジャニ・錦戸亮にマツコ「頑張んなさいよ」と説教 その理由にファン賞賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関ジャニ∞としてデビュー14年、数々のドラマや映画で主演を務め、俳優としても活躍する錦戸亮(33)。

28日放送『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックス(45)から「頑張んなさいよ」と説教を受けた過去を告白。その理由が明かされファンから賞賛が起きている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■他人を信じない錦戸


「他人をまったく信用していない」ため、「人からのアドバイスや占い・予言も全く信じない」のだが、たったひとつだけ例外があった。「あの人の予言、当たってました」をテーマに、錦戸はマツコとのエピソードを明かす。

2016年12月、コンサート終わりの控室にやってきたマツコは、関ジャニメンバーの前で錦戸に「頑張んなさいよ、あんたが頑張らないと関ジャニどうするのよ。あんたが頑張れば問題ないんだから」と説教。

この時、錦戸はマツコの言葉の意味は分からなかったが、後日、メンバーの村上信五(36)とマツコが共演する『月曜から夜ふかし』でその意味を聞く。

■マツコの説教の意味


「関ジャニが村上のイメージに寄っちゃう。だからあんたには頑張ってもらわないと。シュッとしてメインでやってればいいんだ、お前は。面白い俳優になれると思うよ」

この言葉に、「村上を目指し、無理して面白いことを言わなくていい。役者を頑張れっていう意味だったんだ」と気づき、錦戸は監督や関係者からも高い評価を受ける俳優へと成長していった。

■ファン賞賛


マツコの予言のような言葉にファンも納得。現在の活躍に繋がった説教に、惜しみない賞賛をおくっている。










■約4割は「人に相談する」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,357名を対象に調査したところ、全体の約4割が「人に相談することがある」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

他人の言葉を信じきれず、助言を受け入れない人も多いだろう。しかし、人生の先輩や経験者の言葉にはやはり重みがある。

錦戸はマツコの言葉で「楽になった」と語った。時には他人の言葉に耳を傾ける余裕も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→関ジャニ公演にマツコ参戦!ファンやメンバーが驚く意外な行動も

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス