恋愛における「怖い」は「選べる立場」になると消えてくれます

ハウコレ

2018/1/29 11:00



「片思いの彼に告白するのが怖い」など、恋愛における恐怖心って、あなたが彼氏を選べる立場になると、すぐに消えてくれて、恋するのが楽しくなります。

■■恋愛初期の考え方
女子ってわりと「好きな彼が、わたしのことを、彼女として選んでくれるかどうか」という考え方をしている人が多いように思います。「女子はつきあう相手の男子を選ぶ立場にいるんだよ」と言っても、「そんなことはない、女子は男子に選ばれる立場にある」と、何人もの女子が言いました。もしかしてそれは、デートの誘いだったり告白だったりは男子がするもの、という意識からなのかもしれません。

「選ぶ・選ばれる」でいうと、かなり多くの男子は「おれは女子に選ばれる立場だ」と思っています。そもそも中高生の頃、多くの男子は「どうすればヤラせてくれるんだろう」と、かなり悩み、知恵を絞っていたわけです。この、恋愛初期といってもいい頃の考え方って、わりとずっと人の心を支配するので、男子は、下から上を見上げるようにして「彼女がおれのことを選んでくれないかなあ」と思っているのです。

■■奥手そうな女子のなかにも・・・
選ばれる立場ではなく「おれが女子を選んでいる」と思っている男子っているのでしょうか?オトナの男性の話を聞いていても、こういうことを言っている人って、あまりいないように思います。

どんなにダンディーで若い女子にモテモテの男性であっても、気になる女子とつきあえるかどうかという瀬戸際のときって、試験の結果発表を待っているときのようなかんじです。つまり「彼女はおれのことを選んでくれるかな」と、内心焦っていたりするものです。

女子がなぜ「わたしは男子に選ばれる立場である」とか「恋愛は男子が女子のことを選ぶところから始まる」と思っているのか、よくわかりません。なぜなら「わたしは交際する男子を選ぶ立場にある」と、かたくなに思っている強気な女子だって、何人も見て知っているからです。

なにも一部の気の強い女子だけを見てきたわけではなく、奥手そうな女子のなかにもこういう人がいます。つまり、自分からガンガン攻めるかどうかではないところで、「選ぶ・選ばれる」の意識があるということですよね。

■■男子は焦っています
女子のホンネはよくわかりませんが、少なくとも男子は、その恋愛初期に抱いた気持ちゆえ、「おれは女子に選ばれないと彼女ができない」と、強く思っているところがあります。「彼女を選んでやった」と、上から目線でものを言っている男子は、ほとんどいないのです。いるとすれば、かなりドSな遊び人の男子、つまりごくごく限られた男子ではないでしょうか。

男子が「自分は女子に選ばれる立場にいる」「選ばれないとおれはいつまで経っても彼女ができず、もの哀しい生活を続けるしかない」と、焦っている……この事実を知っておくだけでも、「わたしは選ぶ立場にある」と思えてくるかもしれないですね。

ホントに男子は焦っています。だから洋服や髪型に過剰に気をつかう男子がいます。自分が勤務している会社名や年収を正直に言えない男子がいます。自信のなさを隠そうと必死になる男子がいます。みんなみんな、「いかにすれば女子に選ばれる男になれるのか」について、必死に考えているのです。

だから女子は、「わたしは彼氏を選ぶ立場にいる」と考えて、実際に選んであげると、男子は天にも舞う気持ちになるのです。そしてあなた自身も、焦りや不安から解放されるのではないでしょうか。(ひとみしょう/文筆家)

【今夜はちょっと、恋の話をしよう】(ハウコレ編集部)(あかねぴ@akanepi0426/モデル)

(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス