【イマドキの名づけ事情】お腹の子のニックネーム「胎児ネーム」をつけた人は約6割も!

WomanApps

2018/1/29 10:30

ミキハウスブランドのベビー&子ども服およびベビー用品の企画・販売を手掛ける三起商行株式会社は、「ミキハウス ベビークラブ」会員による<名づけ調査>(回答者4,286名)の調査結果を「出産準備サイト」にて発表。
イマドキのママパパの、さまざまな名づけ事情が明らかになりました。

■「胎児ネーム」とは
皆さんは、「胎児ネーム」をご存じでしょうか? 「胎児ネーム」とは、妊娠中、お腹の中にいる子のニックネームのことです。
今回の調査では「『胎児ネーム』を知っていましたか?」という質問には、70.5%の人が「知っていた」と回答。さらに、実際に「胎児ネーム」をつけていたと回答した人は56.2%と6割近くにのぼりました。
「胎児ネーム」をつけることは、いまや常識となりつつあるようです。

■「胎児ネーム」をつけてよかったことと悪かったこと
続いて、「胎児ネーム」をつけてよかったこと、逆に悪かったことも質問。よかったこととしては、「愛着がわいて、赤ちゃんとの距離が近くなった」(33歳女性)、「生まれる前から夫婦間で赤ちゃんの話をするきっかけになった」(31歳女性)などの意見が。
悪かったこととしては、「生後も胎児ネームで呼びそうになった」(28歳女性)、「名づけの時にそのイメージが強く残り、他の名前がしっくりこなくなってしまった」(29歳女性)など、一度胎児ネームが定着してしまうと、なかなか抜けないといった内容の回答が多く見られました。

■「胎児ネーム」は本番の名づけに影響する?
さらに、「『胎児ネーム』と生まれてからの名前の関係を教えてください」という質問では、「そのまま名前にした」と、一部が同じなど「実際の名前は別だが関係している」をあわせると13.3%で、「胎児ネーム」をつけていた人の1割以上が「胎児ネーム」に何らかの影響を受けて、生まれてからの名前をつけていることがわかりました。

「出産準備サイト」にはその他、名づけの際に意識したことや、名づけの時期、名づけの際に参考にした有名人など、さまざまな調査結果が掲載されています。
これからお子様の名づけを控えたプレママ・プレパパの皆さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考】
※ミキハウス 出産準備サイト
http://baby.mikihouse.co.jp/

※ミキハウス 出産準備サイト<ミキハウス「名づけ調査」から見えた 「胎児ネーム」と「名づけ」に込めるママ・パパの想い>
http://baby.mikihouse.co.jp/information/post-8898.html

元の記事を読む

あなたにおすすめ