最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

大麻 

一流大学生たちの大麻事情「就活の手伝い、合コン手配の報酬に大麻1gがもらえる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、若者たちの間で大麻の使用者が急増中だ。法務省の『犯罪白書』によれば、大麻取締法違反による検挙者数は’09年のピーク(検挙人数3087人)後に減少したかに見えたが、’14年からその数は再び急増している(’16年の検挙人数は2722人)。ベテラン愛好家に比べると罪の意識も薄く、おおっぴらに大麻を使用する彼らだが、その多幸っぷりを明らかにしていこう。

◆一流大学ではWebテストの報酬に大麻1g

「就活用のWebテストってあるじゃないですか。あれを代わりに受けると、大麻が1回分もらえるんですよね」

合コンや就活などの“労働”と引き換えに大麻を得るのは珍しいことではないと語るのは、日本トップクラスの某国立大学3年生、武田信治さん(仮名・21歳)だ。

武田さんは1年前、飲み会で友人にすすめられて以来、週1ペースで大麻を使用しているという。

「遊び人の同期が大麻を売ってくれるんですが、1回分が6000円くらいで、親からの仕送りも多くない自分にはキツい。だから同期の合コンをセッティングしたり、就活を手伝ったりして大麻をもらってます。大麻漬けのヤツらは就活なんかロクにしてないから、普段マジメな自分の出番ってわけ」

大麻で遊んでいても就活は成功したい彼ら。有名大生のしたたかさが透けて見える。

「他の私大にも仲間はいます。どこの大麻は質がいいとか、どうやったら捕まらないかとか、そういう情報を共有してますね。やるのは大麻だけ。LSDとかMDMAみたいなのは脳が壊れて将来に支障が出るからやらないでおこうってのが、仲間内での結論です」

彼らは、外で大麻を吸ったり、大麻が効いた状態で外出することは絶対にないという。

「この年でお先真っ暗になるって、バカらしいじゃないですか。仲間内でやるときでも、通報されないように何度か宅飲みでバカ騒ぎをして、苦情の来なかった家をリストアップし、そこでだけやるようにしてます。もちろん信用できるヤツ以外には話さない。危ない目に遭ったことは一回もないです」

大麻においても立ち回りのうまさを見せるのは、やはりインテリといったところか……。当然だが、大麻所持は大麻取締法違反となり、5年以下の懲役(営利目的の場合は7年以下)という量刑の犯罪である。

― 若者に大麻が復活している! ―


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス