最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

異動先でなじめず、邪魔者扱いに…若手の悩みに人材開発のプロが出した答えは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年は「働き方改革元年」と呼ばれ、「プレミアムフライデー」施策のスタート、さらにソフトバンクやDeNAなど大手企業による副業解禁が話題を集めた。しかし、そんななかで若手社員の新たな悩みや戸惑いの声も多く聞かれる。

企業へのコンサルティングや研修を提供する株式会社アイマムの代表取締役社長、嶋谷光洋氏(55)と、学生時代、2つの国際協力団体で活動し、現在はアメージング出版(合同会社AmazingAdventure)を経営するなど、若者の労働環境をよく知る千葉慎也氏(30)に、今時の若手社員の悩みや、上司が取るべき対応について語り合ってもらった。

◆ ◆ ◆ ◆

◆「異動先の部署に馴染めなません…」(Eさん・28歳)

「入社5年目にして内勤から営業の部署に異動になりました。部署が変われば、会社のイメージもガラッと変わるもので、これまで大手ならではの穏やかな印象だった弊社が、モーレツ営業、泥臭い会社だったことを知りました。そんななか、なかなか新しい部署にも馴染めず、成績も苦戦。最初のうちは優しかった先輩からも、徐々に邪魔者扱いに。なんとか営業の成績を上げたい!また内勤の部署に異動したい!どうしたら良いでしょうか?」(不動産・営業職・男性)

嶋谷:何をもって「モーレツ営業」と言っているのか、この文章を読んだだけではわかりませんが……。根性論で、ただただ長時間労働をさせられるだけなのか、みんなでお客さんにどう喜んでもらおうか、とことん突き詰めて考える「モーレツ」なのか。質か量かで話が変わってきます。

もし後者のケースで部署に馴染めないと感じているなら、周囲に彼の腹が決まってないことが伝わっているんじゃないでしょうか。営業成績が振るわないから邪魔者扱いされているのではなく、仕事に対する情熱が感じられないからかも。

一方、もし彼の上司の立場で考えるなら、成績の上がらない部下につっけんどんな態度を取るのではなく、部下の思考力やモチベーションが高まるナイスな質問をしてほしいと思う。部下の頭の中は上司の質問によって形成されると伝えたい。

例えば、業績が出ない部下に「目標達成してないじゃないか。何でできないんだ。」という言葉ではなく、「何か困っていることがあるのか?」「本当の課題を皆で見つけてみようか」「私も含めてチームで支援できることはないか?」と。こういった質問に変えていく。上司が部下に向き合えば、部下は心置きなく顧客に向き合えるから業績は自然に上がる。

千葉:これも前回の話と重なりますが、今の仕事を辞めることが怖いという気持ちがどこかにあるんでしょうね。合わない仕事に執着し続けることは自分にとっても、周囲にとっても良いことがない気がします。

僕は大学を卒業して業界のトップ企業に就職して、仕事も楽しくそれなりにやりがいも感じていたのですが、あるときに「仕事への想いの面でこの人には敵わないな」と思う上司に出会い、辞めることを決めました。他に自分が1番になれる場所を探そうと思うようになったんです。

嶋谷:漠然とした不安で自分に合ってない会社に居続けると体が先に悲鳴を上げて原因不明の体調不良になってしまうことがある。自分に合ってないところで働くことは大きな時間の無駄遣いだと思いますし、いい習慣も身につきません。そんな時は体が喜べそうな新しい職場を見つける道に一歩踏み出す勇気が持てるといいですね。

◆「読んでおいたほうがいい本は?」(Fさん・29歳)

「何か若いうちにやっておいたほうがいい趣味・資格。読んでおいたほうがいい本などあれば教えてほしい」(飲料・宣伝・女性)

嶋谷:『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)を10回読むことをオススメします。古典的な名著であり、誰にでも当てはまることが書いてありますから。

千葉:資格かぁ……。資格って、そんなに大事ですかね?

嶋谷:さっき君が言っていたけど、資格取得より「何かで1番になること」を目指したほうがいいです。すごく小さなことでもいい。例えば「机の整理をさせたら右に出るものはいない」とか、「スーツのセンスは社内でトップ」とかね(笑)。

千葉:一見役に立たなそうなことでも、何か自信を持って特技と言えることが一つでもあれば、それが仕事になる時代になってきている気がしますね。

嶋谷:コンサル業界にも中小企業診断士という資格があります。言葉は悪いですが、資格を持っていたって使えないコンサルタントなんて山ほどいるんですよ。そういうコンサルタントは自信がないから資格を取り、取れば食っていけると勘違いしているんです。

千葉:嶋谷さんは中小企業診断士の資格は取られてないんですか?

嶋谷:取ってないです。マネジメントを勉強しはじめたときに問題を解いてみたことはありますが、実践的ではないと感じてやめたんです。少しこの質問からは逸れますが、時代を反映していたのか試験問題は肉体労働者に対する、古いマネジメント論の問題ばかりでしたから、取得する必要性をあまり感じませんでしたね。

いかに気持ち良く創造性を発揮して仕事してもらうかという知的労働と、いかに上からの指示通り工場のラインを回してもらうかという肉体労働のマネジメントは全く違うものですから。今は試験内容も変化していると思いますが。

千葉:なるほど。

嶋谷:20~30歳の若い人だって車や家など、高いものをローンで買うことがありますよね?利息を払いリスクを背負いながら個人というものを経営しているわけです。そういう人が会社に入るとイスひとつ自分の判断で買うことができない。それがかつての肉体労働の「上意下達」のマネジメントです。

知的労働は、社員一人ひとりに責任を持たせるが、権限も与えます。自由度高く働いてもらうことで、いい仕事ができるという「自由闊達」を目指すマネジメントが必要なんです。

◆「パワハラ上司が会長の親族で困ってます」(Gさん・29歳)

「今の上司が絵に描いたようなパワハラ上司です。殴る蹴るは当たり前。部下を精神的にダウンさせるなどめちゃくちゃでしたが、会長の親族でやめさせられません。どうしたら良いでしょうか?」(メーカー・営業職・男性)

嶋谷:これはもう、論外! 今すぐ辞めろと言いたいところですが……。少し落ち着いて対応を提案してみましょう。

この場合、大切なのは「被害者がどうしたいか」です。加害者に謝罪してほしい、金銭で慰謝料を支払ってほしい、などの希望をハッキリさせた上で弁護士や労働局に相談しましょう。ただ、訴えるにはお金もかかりますし、精神を削られます。被害者が精神的にやられる前に逃げたほうが身のためかもしれませんね。

千葉:僕も、退職に一票です。今の酷い環境より良い会社なんていくらでもありますから、転職しましょう。こういうパワハラ上司を差し置いて昇進できるような会社ってないんですかね? 日本はいまだに年功序列の社会なんでしょうか。

嶋谷:役員が低年齢化してきたり、若い人でも上にいけるチャンスを与えようとしている会社は増えてきています。でも、歴史ある会社は年功序列の時代に入った人の割合が大きいから改革が難しいのが現状です。あえてその人らと近い年代の代表として言わせてもらうと、「俺らががむしゃらに頑張ってきたから、今の会社があるんじゃないの?」っていう感情になるわけですよね。

千葉:うーん、難しいところですよね。例えば今の時代、勤続30年の50代のおじさんより、ツイッターのフォロワー3万人持っている25歳が宣伝部にいたほうが会社にとって役に立つ気がするんですよ。こういう時代だからこそ若い人でもいろいろな切り口で上に行けるチャンスがあるといいんじゃないかなと思うんですよね。

嶋谷:「上に行く」ことを目指すより、「このチームで仕事ができて本当に楽しい」だとか「チームで協力して目標を達成したい」というモチベーションを持って仕事をしてもらうことが、知的労働になるほど大切だと僕は思っています。

理想的なのは、教育をしなくても人が育つ組織になることです。その変革を起こすためには「チーム力」が鍵となるのです。私も邁進しますので、この方にもぜひ頑張っていただきたいですね。

<取材・文/鴨居理子 撮影/林紘輝>

【嶋谷光洋】

株式会社アイマム代表取締役社長。企業に対して営業改革やチーム力開発に関するコンサルティングを実施。営業所の現場に出向き、180日間という限られた期間で人材開発(やりがい、笑顔あふれる自由闊達な職場づくり)と高業績を実現する「180日間営業変革プロジェクト」を提供している

【千葉慎也】

アメージング出版(合同会社AmazingAdventure)代表。大学卒業後は開発コンサルタントとして、国内外のインフラ整備に携わる。現在は自然派ダイニング「Bare Green」とアメージング出版を経営しながら、旅×ギフトを掛け合わせたオンラインサービス「TABITOMO Gift」を開発中


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス